ドラえもん誕生日由来や意味が深い?黄色から青に変わった理由は不良品説がヤバイ

スポンサーリンク

https://youtu.be/HG62aZKXsEg 

今年はあの国民的人気漫画【ドラえもん】50周年です!そして本日9月3日はドラえもんの誕生日!

ドラえもんは、2112年9月3日にマツシバロボット工場で子守用ロボットで生まれました。

未来の工場で生まれたみたいにシンプルな出生かと思いきや、ちゃんとした由来や場所まで詳しく話されており、細かいところまで設定されているのを見ると深く愛されて生まれてきた存在だと感じますね。

毎年お誕生日にはスペシャル番組をやるのですが、今年のドラえもん誕生日スペシャル2020はいつでしょうか?

誕生秘話や誕生日の9月3日の由来や意味、当初の設定は黄色だったのになぜ青くなったのか?不良品説も気になりますよね。

今回はドラえもん誕生日由来や意味が深い?黄色から青に変わった理由は不良品説がヤバイお届けいたします。

 

スポンサーリンク

ドラえもん誕生日由来や意味が深い?黄色から青に変わった理由は不良品説がヤバイ

声優が何代も世代交代して、時代の進みと共に画風が変わったものの、令和まで引き継がれている日本の国民的アニメ(漫画)である”ドラえもん“。

作者が亡くなった今でも、途絶えることなく老若男女問わず多くの人々に愛されている姿は素晴らしいです。

子供の頃に見ていた作品が、自分達が親になった時に次の世代にも”ドラえもん”を見せたりしている人もいるのではないでしょうか?

そんなドラえもんが、どのように生まれてきたのか見てみましょう。

 

ドラえもん50周年スペシャル

9月3日はわれらがドラえもんの誕生(たんじょう)日! そこで、来週9月5日(土)は、毎年恒例(こうれい)のドラえもんの誕生日スペシャルをお送りします。原作でも人気のエピソードが3本、すべて新作! さらに、豪華(ごうか)プレゼントが当たるクイズなどなど、楽しさいっぱいの1時間スペシャルとなっているよ。

中でも注目は、大ヒット公開中の最新作『映画ドラえもん のび太の新恐竜(きょうりゅう)』と同じく、恐竜がテーマの大人気ストーリー『のび太の恐竜』。 のび太が見つけた化石のようなものを、『タイムふろしき』で一億年前のすがたにもどして孵(かえ)したところ、中から出てきたのはなんと、首長竜(りゅう)の一種・フタバスズキリュウの赤ちゃんだった! のび太は「ピー助」と名づけ、大切に育てることにするが…!? 映画にもなった感動の名作をお楽しみに!

さらに、二つの生き物や道具を合体させて一つにする『ウルトラミキサー』、さまざまな場面にピッタリの音楽を演奏(えんそう)して、ムードをもりあげてくれる『ムードもりあげ楽団(がくだん)』といった、人気のひみつ道具にまつわるおはなしも登場!

9月5日(土)ごご4時30分から、みんなもテレビの前でドラえもんの誕生日をお祝いしてね☆

引用:テレビ朝日公式HP

 

 

誕生日の由来が深い

ドラえもんの誕生日をはじめ体重など、ドラえもんのデータに1, 2, 9, 3という共通の数字の組み合わせがありますが、この数字にはどのような意味があるのでしょうか?

ドラえもんの誕生日は2112年9月3日で、西暦の最初の21を取ると1293となり、ここでも1293というこだわりの数字が現れます。

そして、川崎市から特別住民票が交付され住民となった日は2012年9月3日で、西暦の最初の20を取ると1293に。

実はこの数字、連載当時ドラえもんの連載の対象が小学4年生だったことから、のび太を小学4年生に設定しドラえもんを見下ろさない身長に設定するということからきてるらしいです。

連載当時のどの統計を元にしたデータかは分かりませんが、その当時の小学4年生の平均身長が129.3cmだったそうです。

129.3に隠された由来は、作者の子供に対する愛情から考え抜かれた奥深い数字だったと言う事が分かりますね。

ドラえもんのデータ
  • 身長…129.3cm
  • 体重…129.3kg
  • ウエスト…129.3cm
  • バスト…129.3cm
  • ヒップ…129.3cm
  • 頭周り…129.3cm
  • 足の長さ…129.3mm
  • ネズミに驚いて飛び上がる高さ…129.3cm
  • ネズミに驚いて逃げる速さ…時速129.3km

 

誕生秘話がヤバイ?

ドラえもんは未来のロボット工場、マツシバロボット工場で本来子守用ロボットとして生まれました。

もともとは現在私たちが親しんでいる姿とはずいぶんと違った、黄色いボディーで耳のある姿をしていました。

子守用ロボット・ドラえもんを大量生産中、ひょんなことから生産中の1台からねじが1本落ちてしまったのです。

そう、不良品のドラえもんが1台誕生したわけです。

工場で生産されたドラえもんたちは優秀な子守用ロボットとなるために性能訓練が行われるのですが、どうも1台だけ成績が上がりません(それもそのはず不良品なのですから)。

このことから、この1台だけ特別なロボット学校に入学します。

入学したこの1台のドラえもんは、引取先を決めるロボットオーディションに向けて一生懸命がんばり、結果、のび太の孫の孫のセワシに引き取られます。

私たちが親しんでるドラえもん、実はねじが1本抜けた個性のあるドラえもんだったんですね。

 

スポンサーリンク

ネットの声

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はドラえもん誕生日由来や意味が深い?黄色から青に変わった理由は不良品説がヤバイをお届けしてきました。

ドラえもんの誕生日は2112年9月3日で、西暦の最初の21を取ると1293となり、ここでも1293というこだわりの数字が現れます。

実はこの数字、連載当時ドラえもんの連載の対象が小学4年生だったことから、のび太を小学4年生に設定しドラえもんを見下ろさない身長に設定するということからきてるらしいということがわかりました。

誕生秘話も、ドラえもんが実は不良品だったとは…。

しかし、そのおかげで、のび太と出会えたということに運命を感じますね!

ちなみに耳がなくなったのはネズミにかじられたからで、黄色から青に変わったのも、このことがきっかけです。

そしてそこからドラえもんのネズミ嫌いが始まっています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク