GARNET CROWコナン主題歌一覧がすごい!20周年企画発表にツイッターの反応は?

スポンサーリンク

3月29日のツイッタートレンド入りしたGARNET CROW。

GARNET CROWといえば【名探偵コナン】の主題歌をいくつも担当していた象徴的なバンドというイメージの人も多いかと思います。

そんなGARNET CROWですが、2013年6月9日にファンに惜しまれながらの解散をしましたが、デビュー日となる3月29日(日)に「GARNET CROW 20th Anniversary企画」の始動をオフィシャルサイトで発表しました。

チケットが即日完売のプレミア公演となった大阪国際会議場グランキューブ大阪メインホールの「GARNET CROW livescope ~THE FINAL~”Tour」で活動に幕を下ろしてから、約7年。

現在のGARNET CROWの歌声は健在なのか、20周年企画の内容も気になりますね!また、【名探偵コナン】の主題歌を沢山担当していたことを知らない方もいるのでは?

今回はGARNET CROWコナン主題歌一覧がすごい!20周年企画発表にツイッターの反応をお届けしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

GARNET CROWコナン主題歌一覧がすごい!20周年企画発表

 

GARNET CROWコナン主題歌一覧

https://youtu.be/zfkK6LzduSA 

【アニメOPテーマ】
168話~204話・『Mysterious Eyes』(2000年)
475話~486話・『涙のイエスタデー』(2007年)
565話~582話・『As the dew』(2009年)

【アニメEDテーマ】
205話~218話・『夏の幻』(2000年)
266話~287話・『夢みたあとで』(2002年)
329話~349話・『君という光』(2003年)
376話~397話・『忘れ咲き』(2004年)
487話~490話・『世界はまわると言うけれど』(2007年)
530話~539話・『Doing all right』(2009年)

【劇場版主題歌】
14作目 天空の難破船・『Over Drive』(2010年)

2010年2月に発売されたベストアルバム『THE BEST History of GARNET CROW at the crest…』には『Over Drive』以外の全曲はこのアルバムに収録されています。

また原曲の『As the dew』はこのアルバムに収録されています。

『Over Drive』はシングルで買うか、アルバム『parallel universe』に収録されています。(また、こちらのアルバムには『As the dew』のアルバムバージョンも収録されています。)

THE ONE ~ALL SINGLES BEST~(3CD) [ GARNET CROW ]

価格:3,461円
(2020/3/29 09:53時点)
感想(5件)

GARNET CROW livescope ~THE FINAL~ [ GARNET CROW ]

価格:5,571円
(2020/3/29 09:54時点)
感想(11件)

parallel universe [ GARNET CROW ]

価格:3,666円
(2020/3/29 09:54時点)
感想(18件)

GARNET CROW live scope 2004?君という光? [ GARNET CROW ]

価格:3,287円
(2020/3/29 09:55時点)
感想(0件)

 

GARNET CROW

結成は1999年、倉木麻衣の全米インディーズデビュー時のデモテープ作成にメンバー4人が携わり、スタジオ制作を通して意気投合したことがきっかけ。

中村を除く3人は、バンド結成以前にDEENやZARDの楽曲制作を介して関わりがあり、中村は音楽ディレクターのような表に出ない仕事を志向していましたが、周囲からの薦めがあり作曲・ボーカル担当になりました。

楽曲制作においては役割分担が明確にされており、作曲・作詞・編曲といった楽曲制作上の根幹部分を、ほとんどの楽曲においてメンバー自身が担当。

メンバーによる個々の音楽活動の背景から、メディア等においてクリエイター集団と称されることが多いですね。

メンバーの個々の経歴には非公表の部分があり、また、2002年のシングル「夢みたあとで」がヒットするまでは、テレビの音楽番組等に一切出演せず、ライブも行わずにいましたが、同シングルのヒットを受けて以降は、テレビなどのメディア出演をするようになりました。

「GARNET CROW」という名前の由来は、ガーネットという宝石の深い紅色にかけて深みのある音楽を志向する意を「GARNET」の語に込め、それに言葉の響きの良さを求めて「CROW」の語を付加(また日本語訳すると『深紅のカラス』という言葉になり、この言葉の不気味さが心に残る点もあわせて考慮されたとのことです)

1999年 – 2013年までに発売したアルバム(ベスト盤、コンセプトアルバム、リミックス、インディーズ盤を含む)は18作品あり、そのうちメジャー発売された16作品すべてがオリコントップ15ヒット(内13作品がオリコントップ10入りを記録) シングルは2013年までに34作品をリリースし、その内16作品がオリコントップ10入りを記録し、34作品中28作品がオリコントップ20内にランクイン、全34作品がオリコントップ50内にチャートイン、 DVD作品では2013年までに11作品を発売し、11作品すべてがオリコントップ10入り(うち5作品がトップ3入りし、1作品が1位を記録)。

2014年には完全予約生産にて全シングル作品と全アルバム作品、PV、未公開写真集などが収められたプレミアムBOXを発売。こちらはMusingなどの通販のみで発売され、現在は生産されていないため入手困難な作品となっておりオークションなどでも10万円以上と非常に高値で取引されています。

 

20周年企画発表!

GARNET CROWは、2013年6月9日に活動拠点である大阪国際会議場グランキューブ大阪メインホールにてファイナルライブ<GARNET CROW livescope ~THE FINAL~ Tour>を開催、チケットは即完売、13年の活動に幕を降ろしました。

2000年3月29日のデビューより13年間、音楽制作クリエーター集団として数々の名曲を世の中に出し続けた彼らは、突然の解散発表から7年経った今も、各SNS上で度々トレンドワードランキングに登場するなど、いまだに話題になっています。

そして、今年2020年3月29日に20周年を迎えるにあたって『GARNET CROW 20th Anniversary企画』の始動が発表されました。

詳細は後日改めて発表されるとのことなので、新しい情報が入り次第更新していきます。

 

ツイッターの反応は?

スポンサーリンク