仰天ニュースの千鳥ぼかしがヤバイ?裏かぶりモザイクの理由と元の画像も紹介

スポンサーリンク

火曜日夜9時から放送の『世界仰天ニュース』。

1月7日放送の中で、あきらかにお笑い芸人の千鳥が出演しているのですが…その顔には何故かぼかし加工がされています( ゚Д゚)。

ツイッターでは「闇営業?」「犯罪でもした?」「いや、ご法度の裏かぶりでうつせないんだろう」などの声が相次いでいます。

モザイクをしても千鳥とわかってしまう人たちが、「気になって番組に集中できない(笑)。」などの声も多くあがっています。

中には中居正広との共演NGが理由では?という声も…。

「大物芸人X逮捕間近」の噂も最近強くなってきているところなので、まさか!?…と思ってしまいますよね(´・ω・)

問題の場面は過去放送分のものなのですが、元の画像をみたら、やはり千鳥でした。

今回は仰天ニュースの千鳥ぼかしがヤバイ?裏かぶりモザイクの理由と元の画像も紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

仰天ニュースの千鳥ぼかしがヤバイ?裏かぶりモザイクの理由と元の画像

 

千鳥モザイクの理由は?

問題となっている場面は過去放送分のものです。

一番考えられる理由としては裏かぶりですが…( ゚Д゚)。

裏かぶりとは 自身が出演する番組の番組に、同時に出演することを意味する業界用語です。

簡単に言えば、同時刻に局をまたいで重複した出演をタブーとするもので、万が一重複しそうな場合は「出演時間をずらす」「CM中の間だけ出演する」などの調整が行われます。

主に番組のスポンサーに対する配慮から、芸能界ではタブーと見なされることが多く、かつてほどルールが厳密に守られてはいないという話や、テレビ局の片方がNHKである場合など、条件によっては問題視されないという話も聞かれますね(´・ω・)

23時からは、テレ玉とテレ朝でかぶっていますが、世界仰天ニュースの時間帯では関東圏の番組ではかぶっていないようなのですが…(´・ω・)

関西では普通に千鳥の裏かぶりが日常的にあるということなので、今回もあり得ることではありますが…モザイク加工って露骨な感じですね…。

 

モザイクなしの画像はこちら

 

過去放送分でもギャラに影響?

過去放送分のものでも、かぶっている場合はモザイク加工をしないと、どうやらギャラの金額に影響があるようです。

かつては、肖像権の認識がほとんどありませんでした。

番組に関しては、テレビ局側が著作権を持っていますから、自由に過去のVTRとして流していました。

しかし、ここ10年ほどで、過去の映像を使うときは、芸能人側に許諾を得るようになり、のちのちのことを考えて、番組出演に際し、契約書を結ぶことも珍しくありません。

放送後の再利用についての金額などが明記されているようですね…もちろん有償ばかりでなく、無償のこともるようです。

 

過去の番組を使用する場合、テレビ局は事務所にいくら払う?

明確な基準はありません。

完全に言い値なようです(´・ω・)

無料でどうぞというところもあれば、15秒3000円や1回1万5000円を要求するところもあります

事務所の出方次第で、局としても予算があるので、すべて相手のいいなりになることはないですし、あまりにも高額を要求すれば拒否しますが、その場面に、それだけのお金を払う価値があるのかが、基準のようなものになるようです。

 

ツイッターの声

 

新情報分かり次第追記していきます(/・ω・)/

 

スポンサーリンク