ニュース

台湾スイーツ2021次の新しいブームは何?必ずバズる人気の理由が知りたい!

スポンサーリンク

皆さんは”台湾スイーツ”と聞いて、何を思い浮かべますか?

2年ほど前に大ブームとなったタピオカは、至るところにお店が出店され、「一時期頻繁に飲んでいた!」なんて方も多いのではないでしょうか。

タピオカブームはやや落ち着いた一方で、「愛の不時着」「梨泰院クラス」が社会現象になった影響もあり、韓国グルメは根強く定番の人気料理に定着してきました!

チャミスルやヤンニョムチキンは、病みつきになりますよね〜。笑

しかし、2021年は韓国グルメを超す勢いで、台湾グルメ・台湾スイーツが注目の的になっています!

コロナ禍の現在でも、SNSを中心に新しい台湾スイーツの情報が発信されているのです!

実際、「2021年流行予想10選」と題して、流行に敏感な10代〜20代の女性を対象に、流行先取りメディア「Petrel」がトレンドについて調査したところ、「台湾カステラ」「チャーシューメロンパン」が食べ物編でTOP10入り!

一体なぜこんなにも台湾発祥のグルメやスイーツが、大ブームを巻き起こしているのか、人気の理由が気になりますね!

この記事では、台湾スイーツに特化して、2021年の次なる新しいブームは何なのか、バズる人気の理由を探っていきます。

 

スポンサーリンク

台湾スイーツ2021次の新しいブームは何?必ずバズる人気の理由が知りたい!

新型コロナウイルスの影響で、海外旅行にも思うように行けないこのご時世・・・

そんな中、台湾グルメやスイーツのお店が続々とオープンしているようです!

日本にいながらも、本場の美味しい台湾スイーツが堪能できるなんて、嬉しいですよね♪

台湾を直接訪れて、お腹いっぱい頬張りたいところですが・・・笑

迫力ある見た目や独特のエキゾチックな味わいが魅力の台湾スイーツ。

まずは、今年ブームとなり得る台湾スイーツとその人気の理由についてご紹介します!

 

台湾スイーツ2021次の新しいブームは何?

東京・新宿区にあるリーガロイヤルホテル東京では、2021年7月1日より、”台湾”をテーマにしたアフタヌーンティーを開催することが発表されました!

アフタヌーンティーのテーマになるなんて、台湾スイーツが”バズっている”証拠ですよね?笑

全国的に台湾スイーツの専門店がオープンしているだけでなく、コンビニでも台湾スイーツを取り入れた商品が販売されているようです。

ここでは、「台湾スイーツが気になるけど、詳しく知らない!」という方向けに、ブームが予想される台湾スイーツ5選をお届けします♪

 

台湾カステラ

台湾の淡水地域の名物で、見た目は日本のカステラに似たスポンジケーキ。

食感が少し変わっており、ふわふわ・シュワシュワな軽い食べ心地だそうです♪

メレンゲをふんだんに使用することで、その独特な食感を作り出しているのだとか・・・

さらに、インパクト抜群のボリュームも特徴の1つ!

現地の専門店では、カステラを大きな鉄板で焼き上げ、大きめに切り分けて販売するスタイル。

日本にある専門店でも、お皿いっぱいにのせられた台湾カステラを提供しており、ぷるんっと揺れるその様子をついつい写真に収めたくなってしまいます。笑

自宅でも簡単に作れることから、コロナ禍のおうち時間でも手作り台湾カステラを楽しむ人も多いようです。

 

豆花(トウファ)

豆乳をゼリー状に固めた台湾伝統のスイーツで、台湾では国民的人気を誇るのだとか!

現地では地方によって食べ方が異なるそうで、台湾・華南地方・香港では甘い味付けとトッピング、中国北部では塩辛い食べ方、一方、中国西南地方では辛い食べ方で楽しむようです。

豆乳をメインで使用するスイーツのため、美容や健康にも配慮された、ヘルシースイーツと言えますね。

「甘いものは食べたいけど、ダイエット中でカロリーが気になる・・・」という方でも、豆花(トウファ)であれば心置きなく食べれそうです♪

豆乳で作られたプリンのようなものに、柔らかくしたピーナッツや小豆、タピオカをトッピング。

そこにほんのり甘いシロップをかければ出来上がり!

トッピングによって味やボリュームが変化するので、気分によっていろいろな味わい方ができるのも、魅力の1つではないでしょうか。

夏にかけて、冷たいシロップでいただくのも美味しそうです♪

 

芋圓(ユーユェン)

なかなか日本では馴染みのない字面の”芋圓”。

読み方は”ユーユェン”と読むそうですよ!

こちらの芋圓も台湾では伝統的なスイーツとして知られ、タロ芋から作られたもちもちの芋団子のこと。

中でも台湾の観光名所である九份には、台湾のガイドブックに必ず載っている、行列必須の芋圓専門店があるのだとか!

あ〜行ってみたいですね〜。笑

芋圓の色味は、白、オレンジ、紫色とカラフルで見た目が可愛らしいのもポイント!

かき氷や先ほどご紹介した豆花の上にトッピングしても、相性抜群なのだそう。

まだ日本では知名度が低い?!芋圓ですが、今後人気が出てくること間違いなしですね。

 

仙草ゼリー

仙草とは漢方植物由来の天然ゼリーのこと。

乾燥した仙草の茎と葉に少量の水を加えて煮込み、その煮汁をこして、でんぷんを入れることで、仙草がゼリー状になる仕組みだそうです。

中国では仙草を漢方薬の原料に利用することもあるようで、解毒作用があることも特徴的と言えます。

ニキビや吹き出物、便秘解消にも効果があり、何と言ってもタピオカと比較して、カロリーが圧倒的に低いのです!!

仙草ゼリーは100g当たり19kcalと、驚くべき数値。

”美容やダイエットにも効果的”と言われれば、薄着になるこの季節、試さずにはいられません!

肝心の味はというと・・・漢方植物を使用していることもあり、苦味のある漢方の味がするようです。笑

漢方は独特の味がして苦手な方も多いと思います。

ご安心を!基本的には甘みのあるシロップやはちみつなどをかけて、食べることが多いそうです。

地元の台湾では、ミルクを仙草ゼリーにかける食べ方も人気なのだとか!

 

台湾茶

台湾茶で特に有名なのは、「東方美人」や「凍頂烏龍茶」などのウーロン茶です。

もちろんそのままでも美味しくいただけますが、台湾茶をアレンジしたドリンクが最近のトレンド!!

タピオカミルクティーもその1つですが、フルーツを組み合わせた”水果茶”が大注目です。

台湾はフルーツが豊富で安いこともあり、水果茶を販売するスタンドが多く見られるそう。

カラフルなフルーツが入っており、ドリンクの彩りも爽やかで素敵ですね!

自宅でも台湾茶のティーバッグを使用し、お好みのフルーツを入れれば、オリジナルの水果茶が楽しめちゃいます♪

さらにもう1つご紹介したいアレンジ台湾茶が、チーズティー!!

昨年あたりから、じわじわと認知度が高まってきたチーズティーは、元々中国で人気に火がついた新感覚ドリンクです。

台湾茶に、塩味の効いたチーズフォームをトッピングしたデザートドリンク♪

チーズフォームとは、クリームチーズや生クリームをベースに作られた、ホイップ状のチーズクリームのこと。

お茶と混ぜて飲むことで、味や口当たりの変化を楽しむことができます!

ビールと間違えそうな見た目ですが、巷では「飲むチーズケーキ!」と話題を集めています。

 

なぜ台湾スイーツが人気なの?

ここまで様々な台湾スイーツをご紹介してきましたが、なぜ今年台湾スイーツが注目されているのか、人気の理由を探っていきますよ!

そもそも台湾が人気!

台湾は世界で最も親日的な国だと言われており、東日本大震災の義援金は、2014年時点で総額253億円にも上るほど。

また日本語を学ぶ台湾人が多いことから、日本に好感を持つ人が多い国だと言えますね!

日本からの観光客も多く、人気の旅行先として、2014年から5年連続で台湾が1位になっているそう。

「千と千尋の神隠し」の舞台となった九份を訪れたり、リーズナブルで日本人の口にも合う台湾グルメが味わえることも人気の理由ではないでしょうか。

コロナ前は、日本⇄台湾間の格安航空券も広く販売されており、海外旅行が身近に感じられるといった側面も!

また最近では、中国が台湾産パイナップルの輸入禁止を表明したことによる、生産農家の打撃を少しでも減らそうと、日本の大手スーパーが台湾産パイナップルの取扱量を大幅に増やしたことが、ニュースになっていましたね!

SNSなどでも、「台湾パイナップルを食べよう」と支援の輪が広がり、日本と台湾の絆がより強まった印象的な出来事がありました。

結果的に、台湾に興味や良いイメージを持っている人が多いことから、日本でも台湾スイーツが受け入れられるきっかけになったのだと思います!

海外旅行に行けない今だからこそ、国内で気軽に楽しめるのは嬉しいですね♪

 

ヘルシーだから

コロナ禍で健康志向がより強まり、コンビニなどでは糖質やカロリーに配慮された商品をたくさん見かけるようになりました。

上記でもご紹介した通り、台湾スイーツはカロリーが低いことでも有名です。

「甘いスイーツを食べたい!」という方でも、台湾スイーツであれば心置きなくいただけるのではないでしょうか。

また台湾茶の代表である烏龍茶やジャスミン茶は、味も美味しく健康にも良いとされています。

この夏は”台湾スイーツ”一択ですね!笑

 

とにかく”映える”!

SNSでは引き続き、写真や動画で映える「フォトジェニック」「ムービージェニック」なグルメが日々発信されていますね。

味の良さはもちろんのこと、どれだけ”映える”グルメなのかが重要な要素になっています。

台湾カステラは、お皿の上でぷるんっと揺れる姿が、独特で人気の理由の1つ。

他にも彩り豊かな食材を使用するスイーツが多くあり、目でも楽しめて一石二鳥です!

お気に入りの写真をSNSにアップして、台湾スイーツの魅力を発信してみてはいかがでしょうか♪

 

スポンサーリンク

必ずバズる人気の理由が知りたい!


2021年、試してみたい魅力的な台湾スイーツをご紹介しましたが、過去に”バズった”台湾スイーツはあるのでしょうか?

すぐに思い浮かべるのは、タピオカドリンクですが・・・

少し振り返ってみたいと思います♪

 

過去にバズった台湾スイーツ

タピオカミルクティー

一時期、街ゆく人が必ず手に持っていたと言っても過言ではない、タピオカミルクティー。

至るところにタピオカ専門店がオープンし、行列になることも少なくありませんでした!

  • 当時から台湾人気が高まっていた
  • 健康に対する意識の高まりでお茶の専門店に足を運ぶ
  • コーヒーに飽きた方や苦手な人でもドリンクを楽しめる
  • テイクアウトのしやすさ

などの理由も相まって、爆発的にタピオカドリンクが流行したと言われています。

またタピオカのもちもち加減も、1度食べたら病みつきになってしまいますよね!

最近ではマスクの着用で飲み歩きがしにくくなったことや、ドリンク自体のブームが去ったことで、タピオカ専門店の閉店が相次いでいます・・・

何だか寂しいですね。泣

 

マンゴーかき氷

2015年に日本に上陸した台湾発のかき氷ショップ「ICE MONSTER」。

現在は閉店してしまいましたが、未だ記憶に新しいのではないでしょうか?

こちらのお店でも、入店するのに数時間待ちになるなど、新食感のかき氷が社会現象にもなりましたね!

綿あめのようなふわっふわな食感のかき氷に、マンゴー果実がトッピングされており、あっという間に完食してしまう、私も大好きなスイーツでした♪

近年のかき氷ブームの火付け役となった一品です!

 

Twitterの声

世間の皆さんは、台湾スイーツに対してどのような印象を持っているのでしょうか?

Twitterの声を集めてみました!!

皆さん、様々なお店で台湾スイーツを堪能されているようでした♪

私も早速専門店のリサーチから始めたいと思います!笑

 

スポンサーリンク

まとめ


今回は、2021年版台湾スイーツの新しいブームは何なのか、バズる人気の理由を探ってきました!

「このスイーツ知らなかった!」というものもあったのではないでしょうか?

知らない間に、いろいろな種類の台湾スイーツが日本国内でも食べられるようになっていたのですね♪

海外旅行に行けない中でも、現地の味が楽しめるなんて素敵!!

甘いスイーツにも関わらず、ヘルシーなものが多い点もポイントが高いところ。

皆さんはどの台湾スイーツを試してみたくなりましたか?

おうち時間にお手製の台湾スイーツを作ってみるのも楽しいかもしれません♪

今後の台湾スイーツの動向に注目です!!

「台湾スイーツ2021次の新しいブームは何?必ずバズる人気の理由が知りたい!」を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク