ボス恋

玉森裕太 バイク免許をとった?ボス恋のバイクのメーカーが気になる!

スポンサーリンク

毎週火曜日、夜10時からTBS系列で放送されている「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」。

視聴率は毎話2桁をキープし、放送終了後にはツイッター上で『ボス恋』がトレンドワード入りするなど、日本中で人気を博していることが分かります。

主演を担っているのは、近年活躍が目覚ましい、上白石萌音さんです。

上白石さんは、ちょうど1年前放送されていた同局系「恋はつづくよどこまでも」以来、1年ぶりに”火曜10時枠”に帰ってくることとなりました。

上白石さん演じる鈴木奈未のお相手役に選ばれたのは、Kis-My-Ft2の玉森裕太さん。

潤之介というイケメン御曹司の子犬系カメラマンを演じています。

ボス恋は、大手ファッション編集部を舞台にした、オリジナル脚本のお仕事&ラブコメディーです。

さて、ボス恋のストーリーに毎回登場している、今では欠かせないアイテムとなったもの・・・何だか分かりますか?

潤之介の相棒とも言える、”バイク”ですね!

玉森さんは、元からバイクの免許を持っていたのか、それともボス恋の出演に伴い、新たにバイクの免許を取ったのでしょうか。

バイク好きの方や玉森さんのファンの皆さんは、バイクのメーカーも気になりますよね!

この記事では、玉森裕太さんはバイク免許をとったのか?ボス恋のバイクのメーカーが気になる!

そんな声にお応えして、徹底的に検証していきますよ!

 

スポンサーリンク

玉森裕太 バイク免許をとった?ボス恋のバイクのメーカーが気になる!

ぴよ吉
ぴよ吉
玉ちゃんって、バイクの免許持っていたのかな?
ひた吉
ひた吉
ボス恋のバイクシーン、キュンキュンするよね!

ボス恋ではたびたび登場している、潤之介愛用のバイク。

奈未の仕事終わりを待つ間、奈未に会いに行く時はいつもバイクで駆けつけていますね!

子犬系男子さながらに、奈未を翻弄するかと思いきや、常に奈未のことを気にかけて想いを寄せている姿に、毎回キュンキュンしてしまいます。

潤之介を演じる玉森さんは、ボス恋出演に際し、バイクの免許を取得したのでしょうか?

 

玉森裕太ボス恋のためにバイク免許をとった?

玉森さんのバイク事情を検証する前に、バイクの免許について簡単にご紹介します。

バイク免許は全部で7種類あり、免許の種類によって運転できるバイクが違うそう。

それぞれの免許の違いが分かるように、表を掲載しています。

 

免許の種類 取得可能年齢 排気量 法定速度
(一般道)
高速道路 二人乗り
原動機付自転車免許 16歳~ ~50cc 30km/h × ×
小型二輪免許
(AT限定含む)
16歳~ ~125cc 60km/h ×
普通二輪免許
(AT限定含む)
16歳~ ~400cc 60km/h
大型二輪免許
(AT限定含む)
18歳~ 制限無し 60km/h

 

引用:YAMAHA

バイクによって、「二人乗りができない」「高速道路を走れない」など、注意点があるようですね。

ドラマの中では潤之介が奈未をを後ろに乗せて走るシーンがあるため、潤之介の愛車は”原付ではない”ということが分かりました!

原付であれば、普通自動車免許を保有している人は運転できるので、小型二輪以上のバイクは免許の取得が必要になりますね!

では、潤之介役の玉森さんは、実際にバイクの免許を持っていたのでしょうか?

それとも「ボス恋」のバイクシーンの為に、新たにバイク免許を取得したのでしょうか?

ネット上で調べてみると、「玉森さんはバイクの免許を持っている」「最近バイク免許を取得した」などの確かな情報は出てきませんでした。

どうやら玉森さんのファンの方々も、バイク事情に関しては詳しくないようです。

ボス恋に出てくるバイクシーンを見返してみると、玉森さんの乗車シーンは少ないように感じました。

乗車シーンがあった場合も、顔のアップ映像であることが多かったですね・・・

バイクで勢いよく走り去る姿はいつも後ろ姿ですし、「乗車シーンは合成に見える」といった声も聞こえてきます。

玉森さんのバイク免許取得の真偽は不明
実際の乗車シーンは合成に見える時もある・・・

少し本題からは逸れますが、免許関連で(笑)玉森さんの自動車免許についてもご紹介します!

玉森さんは、ラジオなどでもドライブ好きを語るほど、プライベートでも頻繁に車を運転しているようです。

またKis-My-Ft2のレギュラー番組「キスマイBUSAIKU!?」でも、駐車シーンのドライブテクニックを披露していますね。

気になる実際の自動車免許の写真がこちら!

キスマイ超BUSAIKU!?で『玉森裕太』が話題に!【キスブサ】(2ページ目) - トレンドアットTV

2020年6月4日に放送された同番組で、クイズの罰ゲームとして公開されたものです。

本人は自分の免許証写真に対して、「普通の子になってしまった」とコメントしていました。笑

小顔で色白な玉森さんのイケメン加減が際立っていますね!!

貴重な免許証写真を見られるとあって、ファンの方々は喜んだのではないでしょうか。

 

ボス恋のバイクシーンがカッコイイ!

続いては、ボス恋には欠かせない潤之介のバイクシーンをまとめてみました!

 

第1話

上の写真は、第1話の「次はしょっぱいもんでも食べに行かない?」と奈未を誘い出し、海岸へと向かうシーン。

潤之介が着ている青のコートが印象的で、玉森さんに似合っていたなあと思い出す、ボス恋の中でもお気に入りのシーンです!

失恋で落ち込む奈未を隣で寄り添い、励ます潤之介。

「夢もやりたいこともない。夢はないといけないのか。」という奈未の問いに対し、「夢はなくてもいいのではないか。夢に取り憑かれて笑えなくなったら意味がない。」と優しく諭すのでした。

初回は子犬系男子そのもので、奈未を振り回し続けていた潤之介。

今となっては懐かしいですね・・・笑

 

第5話

こちらの写真は、第5話の奈未の仕事場へと向かうシーンです。

奈未に自分の想いを素直に明かしていたものの、肝心の「付き合ってほしい」という言葉は口にしていなかった潤之介。

後輩の尾芦(ミキ・亜生)からアドバイスを受け、奈未に告白をするために仕事場へと向かうのです。

遂に奈未と潤之介カップルが生まれる!と歓喜に沸いたのですが・・・

現場には潤之介の幼馴染みで、長年の片思い相手であったバイオリニストの理緒と偶然再会することに!

三角関係を予感させる回となりました。

 

第7話

続いての写真は、第7話で放送された、奈未の宿泊先へと向かうシーン。

奈未と編集部の上司である、中沢先輩が長野で終電を逃し、1泊することになったと聞いた潤之介。

いてもたっても居られない様子で、バイクを走らせていました。

物語が進むにつれ、中沢先輩も奈未に好意を寄せていることが発覚。

恋敵と奈未が一夜を共に過ごすことに対する、心配と腹立たしさが潤之介の表情に現れていました!

今後恋の展開はどのようになっていくのでしょうか?

次回の放送が今から待ち遠しいですね!!

 

スポンサーリンク

ボス恋のバイクのメーカーが気になる!


ここまでは、潤之介役の玉森裕太さんが、バイクの免許を取得したのかどうか。

そして過去放送分の潤之介バイクシーンについてまとめてきました!

さらに気になるのは、潤之介が愛用しているバイクのメーカーですね!

日本ではなかなか見かけない、クラシカルでおしゃれなデザインが印象的でした。

早速、バイクメーカーを調べていきましょう!

 

玉森裕太が乗っていたバイクのメーカーは?

潤之介のバイクは、フランスの自動車メーカー「プジョー」の製品であることが分かりました。

プジョーは1810年に設立された世界最古の量産自動車メーカーだそうです。

プジョー ジャンゴ 125 ABS(マッドグレー)

こちらが、潤之介が乗っているバイクと同じモデルの写真。

プジョー『ジャンゴ』シリーズの2019年モデルで、「ジャンゴ 125 ABS」という機種です。

正確には、排気量が125ccのスクーターに分類されます。

ボス恋の影響で『ジャンゴ』シリーズが話題となり、SNSなどでも人気が急上昇しているとか・・・

お値段は¥399,300〜だそうです!

個性的なスタイルとカラーリングを特徴としているそうで、マットグレーとブラウンの組み合わせが絶妙にマッチしています!

高級感を演出していて、ハイセンスな潤之介にはぴったりのバイクと言えますね。

 

ツイッターの声は?

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、玉森裕太さんはバイク免許をとったのか?ボス恋のバイクのメーカーが気になる!という疑問を調査しました。

玉森さんが、ボス恋のためにバイク免許を取得したのか、正確な情報は分かりませんでした・・・

ただ、ドラマの中の潤之介は見事に乗りこなしていますね!

なんと言っても、潤之介の後ろに乗ってドライブしている奈未が羨ましい限りです。笑

また、ドラマに登場している潤之介の愛車は、フランスの自動車メーカー「プジョー」のバイクであることが分かりました。

ボス恋を機に、「プジョー」のバイク人気が高まりそうです。

さて、ボス恋は物語が後半戦へと突入し、「『MIYAVI』の廃刊危機」や「恋の五角関係」など、奈未は相変わらず仕事に恋に悩む日々が続くのではないでしょうか。

『MIYAVI』や編集部はどうなるのか、奈未は誰と結ばれるのか。

結末を予想しながらボス恋を楽しみましょう!!

「玉森裕太 バイク免許をとった?ボス恋のバイクのメーカーが気になる!」を最後までご覧いただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク