半沢直樹 桔梗の意味が深い?明智光秀の家紋と同じってホント?

スポンサーリンク

いよいよ半沢直樹最終回をむかえました!

半沢直樹の展開が色々ありすぎて混乱しますが、黒幕と思われていた中野渡頭取の信念の強さを知り、半沢直樹も退職願いをふところに…。

そして、半沢直樹の家に白井亜紀子(江口のりこ)が訪問したりで、妻の花ちゃんが慌てますが、その時に白井大臣に手渡した花が【桔梗(ききょう)】…花言葉は「誠実」。

そしてこの桔梗の花が明智光秀の家紋と同じなことから、白井大臣は明智光秀と同じような運命を辿るのではないかという声が多く上がっています。

今回は、半沢直樹 桔梗の意味が深い?明智光秀の家紋と同じってホント?をお届けいたします。

 

スポンサーリンク

半沢直樹 桔梗の意味が深い?明智光秀の家紋と同じってホント?

>
半沢直樹の家へ訪問した白井亜紀子に、彼女のファンである妻の花ちゃんが大喜びで可愛かったですね!

そして、自分の手でアレンジした桔梗(キキョウ)の花を渡しました。

桔梗で有名な歴史人物を知っていますか?

「麒麟がくる」で有名な明智光秀(役:長谷川博己)の家紋なんです!

自分の主君である織田信長を裏切り誠実を貫いた明智光秀を意味した桔梗の意味なのか気になりますね。

 

桔梗の意味

桔梗の花言葉は「誠実、気品」など色によって意味が変わってきますが、全て素敵な意味ですね。

白井亜紀子の白いスーツや「白」という名前は、これらの由来があるのではと囁かれています。

政治家として黒に染まらず、誠実な白を貫く白井亜紀子の姿を表した伏線だったかもしれないです。

確かに展開を見てみると、白井亜紀子が箕部幹事長(柄本明)を裏切る可能性が高まってきましたね。

 

白井亜紀子が味方になる

 

前半は、何かと発言がムカつく白井亜紀子でしたが、後半から箕部幹事長から気持ちが離れていっているように見えます。

これは、箕部啓二を裏切り半沢側に味方するという意味なのではとツイッターで囁かれています。

確かに、これは有力説ですよね…。

そうなると、君主を裏切った明智光秀と同じ意味となります。

 

スポンサーリンク

明智光秀の家紋と同じってホント?

「くたばれ!」

「恥を知りなさい!」

カッコイイ白井亜紀子大臣の盆栽投げや高圧的な乃原弁護士を一喝する姿は老若男女問わず惚れてしまいます。

ドラマクライマックスでは、半沢直樹に味方をして見事に箕部幹事長らの悪事を白日の下にさらしましたね。

その姿はまるで、君主に食らいついた明智光秀の姿そのものでした。

ちなみに、「恥を知りなさい」の発言は、政治家の三原じゅん子さんの発言と同じでした。

 

ツイッターで話題

桔梗の花が「明智光秀の家紋」であることに気がついた視聴者の方は本当にすごいと思います。

ドラマ最後には箕部幹事長【織田信長】を裏切り正義を貫く白井亜紀子【明智光秀】となりました。

これは完璧な伏線でしたね!

大河ドラマ「麒麟がくる」での明智光秀(長谷川博己)のような戦いっぷりでドラマ史上スカッとした場面でした。

 

天海として復活?

「本能寺の変」のあとの明智光秀は知っています?

残念なことに亡くなってしまう…というのは一般的な歴史記録ですが、実は生き延びて天海(僧侶)という名前で活躍していたという説があります。

この事から辞退した白井亜紀子は、また別の形で復活するのではないでしょうか?

そう言った意味を含めて【桔梗の花】が選ばれたかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

ネットの声

 

まとめ

今回は半沢直樹 【桔梗(ききょう)】の意味が怖い?明智光秀の家紋と同じってホント?をお届けいたしました。

半沢直樹の伏線や展開が「大河ドラマ」化していて激しい戦場を描いた作品になりましたね。

見ていて思わず涙ぐみそうになった人は絶対いたはず…。

明智光秀(天海)を表したものになっていたとは想像つかなかった展開でした。

こう見ると花ちゃんが半沢直樹の全てを握っていた⁉のかもしれないですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク