キングオブコントニューヨークつまらない?態度も悪いしパンツマン騒動も気になる?

スポンサーリンク

9月26日放送『キングオブコント2020』まで開始まで後わずかになってきました。

誰が優勝を勝ち取るのか、印象に残るコントが見られるのか予想するのも当てるのも楽しみですね。

今年の決勝進出メンバーも普通からかけ離れている身も心も個性的な芸人が集まっているので、今年も面白いコンビや芸が見られるとワクワクする観客視点と審査員のような厳しい視点で見られている人もいるのではないでしょうか?

出演者には、人気で今後テレビで見かけることが多くなるのではないかと期待のまなざしで溢れています。

その中でもニューヨークという芸人が態度が悪いと一部で気になる話が出てきました。

今回は、キングオブコントニューヨークつまらない?態度も悪いしパンツマン騒動も気になる?をお届けいたします。

 

スポンサーリンク

キングオブコントニューヨークつまらない?態度も悪いしパンツマン騒動も気になる?

このキングオブコント2020の決勝進出メンバーの中に「ニューヨーク」というアメリカンな名前の2人組コンビがいます。

屋敷裕政(ツッコミ)と嶋佐和也(ボケ)が行うコントは、「曲作り」「結婚式に乱入」「窪塚洋介や市原隼人が演じるようなヤンキー」等の映画やドラマを元にしたものが多く面白いです!

ユーチューブに、コントの動画も存在しており視聴することが可能です。

超人気天才アーティスト「米津玄師」さんのモノマネなど絶妙に似ているのでじわじわ面白かったですね。

そんなニューヨークの態度が悪い、嫌いなどマイナスなコメントが多く上げられています。

 

キングオブコント松本コメント

「M-1の時、正直すきじゃなかった」とダウンタウン松本がニューヨークにコメントしました。

ニューヨークがコントを披露した際、辛口評価で有名な松本さんがこうひょうかしました。

M-1での様子を知っている人からすると驚きです。

 

M‐1グランプリで松本人志にキレる?

2019年12月22日に放送された「M‐1グランプリ」にて、ダウンタウン松本人志に悪態をついたことが視聴者の間で話題になりました。

トップバッターにニューヨークが大役を務めるも、結果は10組中最下位(合計点数616点)と悔しいものになってしまいました。

「歌の中でたくさんの笑いを取るのは難しい。」「テクニックは昔の漫才を引き継いでいる。気持ちよく聞けた。」

など、審査員の感想や助言を含めたコメントの中、松本は辛口評価を出しました。

「僕の好みなんでしょうけど、最近ツッコミの人って結構笑いながら楽しんでる感じがして…あんまり好きじゃないんですよ。」

松本自身の解釈を交えた評価に対して、ツッコミ役の屋敷は余程ショックだったのか態度が豹変しました。

「最悪や!マジで最悪や!もう俺無理ですわ!」と悲観し、スタジオから出ていこうとする素振りを何度かありました。

さすがの松本も「ごめんごめん、怒ってるのが好き。緊張感を出してほしかった。」と話したが、その後も機嫌が悪くなったかのように不満げな表情に腰に手を当てて態度が悪い様子になってしまいます。

司会者の今田耕司が収録中の態度を改めるよう訴えかけるも改善されることがなく終始項垂れている様子でした。

 

見ていた視聴者の声

ニューヨークの態度を見ていた視聴者の声はコチラです。

  • 「屋敷がキレた…。」
  • 「態度が悪すぎて好感が持てない。」
  • 「落ち着いて!最後まで聞いてみよう!」
  • 「申し訳ないが、印象がダダ下がりに…面白いと思ったんだけどな。」
  • 「胸がざわついた。」

このようにニューヨークの態度の悪さを見て衝撃を受けたというコメントが多く上げられていました。

 

ナイツ塙もキレた⁉

ニューヨークの態度を見て怒ったのは視聴者以外に、ナイツ塙(はなわ)もキレていました。

「今のやり取りみて点数減らしたくなった」

という発言をボソッとしていました。

上下関係を重んじるお笑い業界では、ニューヨークのふてくされた態度は、笑って見過ごせないような内容とも言われるでしょう。

今回の件は、内海桂子や三遊亭小遊三の弟子であるナイツ塙からすると、上司や先輩など目上の人に対する礼儀がなっていないことは本人にとって腹立たしいものだったと思われます。

やり取りを見ていた視聴者はドキドキしましたね。

 

スポンサーリンク

パンツマン炎上騒動の真相は?

2017年12月23日に「ニコめし・独りでも寂しくない!聖夜のクリスマス飯!!」というニコニコ動画にて生放送された内容が炎上していました。

当時若手芸人であるニューヨークが料理芸人のパンツマン(神崎嘉宏)を執拗にいじり続けたことが、視聴者が見ていて不快になったこともあり思った以上に炎上します。

 

パンツマン炎上とは?

ニューヨークを検索していると「パンツマン炎上」というキーワードがあり、内容は「パンツマンに対してニューヨークの笑いにもならないいじり」が視聴者も不快になるようなもので炎上騒動になりました。

ニューヨークがパンツマンに対して発言した言葉はコチラです。

炎上レベル

  • 「初めて会ってすぐ分かりましたよ。あっ変な人だなって。」
  • 「ニコ生だから人気あるのか分からないですけど、地上波ダメなタイプですよ。」
  • 「目バッキバキですよ。」

大炎上レベル

  • 「チキンですよね?ちゃんと。飼ってた犬とかじゃないですよね?」鶏肉を調理している時の発言。
  • 「すっくねーな!意味ないくらい少ねーぞ!二口くらいしかないぞ。ホワイトソースすっくな!」ホワイトソースに牛乳を足す際の発言。

超炎上レベル

  • おっせー。おっそ。ぜんぜんおっそ」ニンジンを切っている場面の発言。

この後、怒りの頂点に達したパンツマンが「お前がやれよ」とニンジンを投げつける最悪な展開になってしまいました。

笑いのあるいじりなら良いですけど、笑いに繋げられなかったらただの悪口になりますね。

 

ネットの声

 

スポンサーリンク

まとめ

追記していきます。

スポンサーリンク