セイバー主人公は小説家で文豪?仮面ライダー歴代職業が面白い

スポンサーリンク

“仮面ライダーゼロワン”が放送終了し、次はいよいよ2020年9月6日放送”仮面ライダーセイバー”が幕を開けますね!

主人公は、「真夏のオオカミくんには騙されない」で出ていた小顔イケメンモデルの内藤俊一郎【シュウくん】が主演です!

どんな主演として演技をされるか、そして仮面ライダーセイバーの物語がどうなるか、色々気になっているようで、ツイッターでも話題が上がってきています。

また、歴代仮面ライダーの職業はカッコイイものからコミカルなものまで様々あり、セイバーの主人公【神山飛羽真】の職業が何なのか、とても興味がありますね。

今回は、セイバー主人公は小説家で文豪?仮面ライダー歴代職業が面白いをお届けしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

セイバー主人公は小説家で文豪?仮面ライダー歴代職業が面白い

 

仮面ライダーセイバー

「現実世界にあった街の一部が何故か消失し、それが異世界に転送されている」という奇妙な現象が次々と発生し、巻き込まれる人々。

異世界に飛ばされた人々を元の世界に戻すため、仮面ライダーセイバー達は聖剣”ソードライバー”を手にして「本の世界」へ飛び込み、聖剣を振るい戦う彼は、現象に巻き込まれて困惑する人々に勇気と希望をもたらす「救世主」の姿であった。

神山飛羽真を演じるのは内藤秀一郎です。

 

内藤秀一郎プロフィール

内藤俊一郎さんのプロフィールはコチラです。

  • 生年月日:1996年5月14日(2020年時では24歳)
  • 出身地:日本[埼玉]
  • 身長:185㎝
  • 血液型:A型
  • 職業:俳優、モデル
  • 事務所:エイジアプロモーション
  • 趣味:映画鑑賞
  • 特技:スポーツ(サッカー、野球、バスケ、体操、水泳)
  • 好きな食べ物:そば、梅干し
  • 嫌いな食べ物:ピーマン
  • 座右の銘:感謝!

 

細身で長身であることから「歩く電信柱」というニックネームがついていたそうです。

また、本人の公式ツイッターにて出身高校が”埼玉県立羽生第一高等学校”であったことが判明しました。

高校卒業後は、2015年6月にファッション誌「StreetJack」の専属モデルに選ばれ、徐々に俳優やタレント活動を広げていっているようです。

今回の”仮面ライダーセイバー”もオディーション合格された時は、マネージャーと一緒に泣いて喜んだそうで、こちらもウルッときてしまいそうなエピソードですね。

 

内藤秀一郎代表作品は?

今回出演される「仮面ライダーセイバー」が初めての主演のようで、どんな主人公を演じるか楽しみですね。

内藤俊一郎さんがこれまでに出演されている代表作品はコチラです!

ドラマ

  • 「星屑リベンジャーズ」前沢太一役
  • 「初めて恋をした日に読む話」鷲津役
  • 「腐女子、うっかりゲイに告る。」小野雄介役
  • 「都立水商!~令和~」
  • 「鈍色の箱の中で」チャラ大学生役
  • 仮面ライダーセイバー神山飛羽真【仮面ライダーセイバー(声)】役

ウェブ番組

  • 真夏のオオカミくんには騙されない」愛称:シュウ
  • 「FC町ゼルビアを作ろう~ゼルつく~執行部

映画

  • 「午前0時、キスしに来てよ」桐谷ナオト役

舞台

  • 「ギャル卒!!」
  • 「伏魔殿」
  • 「TheRedMoonnight-月が飛ぶ夜‐」

 

 

スポンサーリンク

主人公【神山飛羽真】の職業は文豪?

 

主人公【神山飛羽真】の職業

セイバーの主人公【神山飛羽真】の職業は、小説家兼「ファンタジック本屋かみやま」の店長と仕事を2つ掛け持ちしており、歴代主人公の中では初掛け持ち職業をしていますね。

本が大好きで語りだすと止まらないほど本への愛情が強い好青年で、セイバーでは”本”を狙い奪った者から世界と本を守るために仮面ライダーに変身して敵と戦うそうです。

 

歴代ライダー主人公の職業

前回「仮面ライダーゼロワン」の主人公”飛電或人(演:高橋文哉)”は自称爆笑芸人アルバイト[後にセンスがないという理由で解雇]として働いていました。

本を題材にしたセイバーでは、主人公の職業は小説家兼本屋の店長となっています。

これまでの歴代主人公の職業も見てみましょう。

  • 仮面ライダー1号:本郷猛『オートレーサー(平均給与100万程度)』
  • 仮面ライダー2号:一文字隼人『フリーカメラマン(平均給与120万)』
  • 仮面ライダーV3:風見志郎『無職』
  • 仮面ライダースーパー1:沖一也『アメリカ国際宇宙開発研究所所属の科学者』(平均年収 1200万)
  • 仮面ライダーBlack RX:南光太郎『ヘリコプターパイロット(平均年収1000万)』
  • 仮面ライダークウガ:五代雄介『喫茶店手伝い(平均年収100万程度)』
  • 仮面ライダー龍騎:城戸真司『ネットニュースの記者見習い(平均年収200万)』
  • 仮面ライダーキバ:紅渡『バイオリン職人(平均年収250万)』
  • 仮面ライダーフォーゼ:如月弦太郎『高校教師(平均年収400万)』
  • 仮面ライダードライブ:泊進之介『警察官(平均年収450万)』
  • アナザーアギト:木野薫『外科医(平均年収800万)』

特殊な職業

  • 仮面ライダーウィザード:操真晴人『無職の魔法使い兼居候』
  • 仮面ライダー鎧武:葛葉紘汰『なかなか採用されないフリーター』
  • 仮面ライダーディエンド:海東大樹『泥棒

 

このように歴代主人公の職業は、無職、私立探偵、フリーター、刑事、泥棒など様々で年収も表記されていてリアルでしたね。

何故この職業に就いたかは、仮面ライダーといえど中身は人なので事情はそれぞれあるようです。

 

神山飛羽真の決め台詞は?

仮面ライダーセイバー【神山飛羽真】の敵を倒した後の決め台詞。

「物語の結末は、俺が決める!」

と本好きな主人公には、ピッタリな決め台詞ですね!

ペンで執筆して結末を決める以外に、物理的に敵を倒して結末を決める最強小説家は彼しかいないと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、仮面ライダー歴代職業が面白い?新ライダーのセイバーは小説家で文豪?をお届けいたしました。

ゼロワンが終わってしまったのは名残惜しいですが、次回の仮面ライダーセイバーではカッコイイ内藤俊一郎さんが演じる本好きな主人公を見るのが楽しみですね。

これを機に様々なドラマや番組、映画への出演も多くあるかもしれないですし、これからが楽しみな俳優さんです!

仮面ライダー歴代職業も、いろんな主人公がいれば、いろんな職業に就職していて図鑑を見るような感じでワクワクしちゃいますね。

「物語の結末は、俺が決める!」を早く聞きたいのと、内藤俊一郎さんが演じる敵との戦闘シーンが楽しみで放送が待ち遠しいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク