キワドい2人あらすじ見どころは?原作最終回はどうなる?(ネタバレ)

スポンサーリンク

https://youtu.be/oSXvvnfldgE 

山田涼介と田中圭がバディを組む、ドラマ『キワドい2人-K2- 池袋署刑事課神崎・黒木』が9月11日(TBS系毎週金曜日夜10時~)からスタートします!

横関大による小説『K2 池袋署刑事課 神崎・黒木』を原作として、ストーリーはオリジナルを交えながら進みます。

山田とコンビを組むのは、『あなたの番です』『おっさんずラブ』などドラマや映画で引っ張りだこの田中圭です。

キャリア刑事の神崎隆一は池袋署の刑事課強行犯係に配属され、正反対の性格をした黒木賢司とバディを組むことになりますが、なにもかもチグハグな超凸凹バディ。

しかし…2人には実は誰にも言えない異母兄弟という秘密があったのでした。

1話予告動画とともに、あらすじや見どころ、原作最終回(ネタバレ含む)も紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

キワドい2人1話あらすじ見どころは?

 

1話あらすじ

池袋署の刑事課強行犯係に配属されたキャリア刑事の神崎隆一(山田涼介)。

神崎の初出勤日、相棒となる先輩刑事の黒木賢司(田中圭)は無断欠勤をしており、強行犯係の係長・末長(八嶋智人)から行方の分からない黒木を探しだすよう命じられる。

黒木の前夜の動向を調べるとガールズバーを訪れており、店員の女性と店を後にしているが、その後の足取りがまったくつかめない。そんな矢先、神崎は急ブレーキをかけたであろうタイヤ跡のそばで血の付いた黒木の警察手帳を見つける。

さらに、強行犯係には行方をくらましていた黒木から「誘拐事件に巻き込まれた」と電話が入り…。

引用:TBS公式

神崎隆一と黒木賢司の父親は警察官でした。

別々の人生を歩んできた2人ですが、どちらも父親に影響され刑事になったと思われますが、真逆な性格であるのは、それぞれの母親が違うため、その影響であると考えられます。

 

キャスト

  • 神崎隆一(かんざき りゅういち)演 – 山田涼介
  • 黒木賢司(くろき けんじ)演 – 田中圭
  • 謎の女 演 – 関水渚
  • 諸星一朗(もろほし いちろう)演 – ジェシー(SixTONES)
  • 石館美空(いしだて みそら)演 – 奥山かずさ
  • 木村ともこ(きむら ともこ)演 – 江口のりこ
  • 末長光一(すえなが こういち)演 – 八嶋智人
  • 神崎賢造(かんざき けんぞう)演 – 椎名桔平

 

山田涼介/神崎隆一役

本作の主人公・神崎隆一を演じるのは、Hey! Say! JUMPの山田涼介。

生真面目で人情派の正義を信じるキャリア刑事。

警察官だった父に憧れて自身もその道に進む。

困っている人を放っておけない性格でおせっかいだが、人を信じる強さで窮地を乗り切ることも。

 

田中圭/黒木賢司役

神崎の相棒となる破天荒刑事・黒木賢司。

事件解決のためなら手段を選ばない直感型の刑事。

一見破天荒ともいえるぶっ飛んだ捜査をしているように見えるが、池袋署で検挙率No.1のエース。

神崎と対照的に人を疑う性格で、強みを活かして難事件を読み解いていく。

 

見どころは?

見どころは、何と言っても山田涼介と田中圭によるコンビ。

主演の山田は第39回日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞し、その後も人気作や話題作に出演していて、活躍の場を次々と広げています。

一方で「おっさんずラブ」で一気に知名度を上げ、その後はドラマ『あなたの番です』(2019年)や『らせんの迷宮〜DNA科学捜査〜』(2020年)に出演するなど、なにかと“バディもの”に縁がある田中。

そんなふたりの新たなバディということで、凸凹コンビがどのように変化していくのか、物語の行方と共に気になるところです。

人を信じすぎる神崎と人を疑う黒木。

刑事であった父親(椎名桔平)の影響を強くうけているのは黒木?(刑事は人を疑うのが仕事)…となると、神崎は母親の遺伝子が強いのでしょうかね…。

現在放送中のTBS金曜ドラマ夜10時枠は、『MIU404』で星野源と綾野剛主演。

やはりバディを組む刑事もので大きな話題になっています。

その後の放送なので、どうしても視聴者は引きずってしまう部分は出てきてしまうでしょう。

そこをどう払拭していくことができるのかも見どころではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

原作最終回はどうなる?(ネタバレ)

 

横関大の小説が原作

「キワドい2人」は小説家・横関大(よこざきだい)氏が2014年に講談社より発刊された小説が原作となっています。

横関大氏は現在45歳、大学生のときに執筆活動をスタートさせます。

  • 2006年「ライダーズ・ハイ」第52回江戸川乱歩賞候補
  • 2007年「聖クレーマーの憂鬱」第53回江戸川乱歩賞候補
  • 2008年「ハーネス」第54回江戸川乱歩賞候補
  • 2010年「再会のタイムカプセル」第56回江戸川乱歩賞受賞

2002年から2010年まで8年連続で江戸川乱歩賞に応募し過去4作品が最終候補に、そして2010年にようやく受賞となり小説家デビューしました。

当初は純文学を執筆していたそうですが、カルチャースクールに通っていた頃にミステリー系の短編集を書いてみたら好評でそこからミステリーものに移行。

 

テレビドラマ代表作品

 

  • 再会(2012年12月8日、フジテレビ系「土曜プレミアム」枠、主演:江口洋介)
  • ルパンの娘(2019年7月11日 – 9月26日、全11話、フジテレビ系「木曜劇場」枠、主演:深田恭子)
  • キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木(2020年9月 – 、TBS系「金曜ドラマ」枠、主演:山田涼介)[9]
  • ルパンの娘 第2シリーズ(2020年10月 -、フジテレビ系「木曜劇場」枠、主演:深田恭子)

 

 

最終回はどうなる?

原作の「キワドい2人」は主人公の2人が異母兄弟という事実が分かるのは物語の最後の方になります。

一方ドラマ版では早い段階で2人が異母兄弟であることが発覚するので、2人が異母兄弟であるということが物語のキモになるのでは?

そのため異母兄弟である事実を知るタイミングが原作と異なるのであれば、最終回もオリジナルストーリーになると考えられますね。

 

更新していきます

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はキワドい2人1話あらすじ見どころは?原作最終回はどうなる?(ネタバレ)をお届けしてきました。

キャリア刑事の神崎隆一は池袋署の刑事課強行犯係に配属され、正反対の性格をした黒木賢司とバディを組むことになりますが、なにもかもチグハグな超凸凹バディが事件をともに解決していく姿や、原作では最後まで異母兄弟だということが明かされない→ドラマでは早々にわかる…というところにこのドラマのキモがあると思われます。

前クールとなる『MIU404』が大きな話題となったため、その後に同じく刑事もの(バディ)が放送されるということも見どころの一つです。

そして、動画配信サービスParaviでは、オリジナルストーリー『キワドくなりたい男』が、独占配信されますのでこちらも見逃せませんね!(連続配信ドラマ初主演となるのはSixTONESのジェシーです。)

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク