MIU404糸巻(スパイダー班)が久住(菅田将暉)蝶を捕える?メケメケフェレットの足跡はあるのか

スポンサーリンク

ついに、9月5日に15分拡大スペシャルで最終回を迎えるMIU404…。

既にドラマロスを訴えっている声も多く上げられていますが、それと同様に「久住を逮捕できるのか」「陣馬は?伊吹は?」「4機捜解散するの?」と結末がどうなるか気になる声も多いですね。

確かにのようにヒラヒラと姿を消す久住(演:菅田将暉)を追う4機捜ですが、逮捕するどころか”4機捜解散の危機”にMIU401コンビ(陣馬と九重)がいなくなったり負傷したりで戦力が減りましたね。

こんな状況では、久住逮捕は夢のまた夢になってしまうのではないかと不安になりますが、まだ心強い存在がいます。

そう、これまでに登場シーンは少ないものの、捜査に貢献して犯人逮捕へ繋げた映像解析担当の『スパイダー斑』とその隊長”糸巻貴子(演:金井勇太)”がいます!

彼は、蜘蛛のようにSNS監視や防犯カメラ映像の解析など、様々な場所に糸を張り巡らせ、網のように情報を取り逃しませんね。

久住が10話で検索した伊吹の造語『メケメケフェレット』を検索した足跡を追えるかも?

今回はMIU404糸巻(スパイダー班)が久住(菅田将暉)蝶を捕える?メケメケフェレットの足跡はあるのかをお届け致します。

 

スポンサーリンク

MIU404糸巻(スパイダー班)が久住(菅田将暉)蝶を捕える?メケメケフェレットの足跡はあるのか

スパイダー斑、糸巻、情報網など、とにかく『蜘蛛』に関わるキーワードが目につきます。

スパイダー斑ではなく、情報分析斑という名前みたいで紹介しないのか小さい疑問は当初ありましたね。

まさか、10話にて久住を蝶に例える演出するとは驚きましたし、スパイダー斑や糸巻がドラマの伏線になるとは思ってもみませんでした。

4機捜メンバーにメインで出ている人物ではありませんが、視聴者の間では「めっちゃ大活躍」する人気のある糸巻の活躍や伏線を見てみましょう。

 

これまでの糸巻活躍

わたしは蜘蛛です、そこは譲れません。と自らを紹介したスパイダー糸巻貴志氏。

彼は桔梗隊長(演:麻生久美子)が1機捜内に設立したWeb分析からSNSの動向監視、防犯カメラの映像解析などを専門に行う「スパイダー斑」の隊長です。

ドラマでは、6・8・9話以外は全て出演しており、犯人の車を特定したり、手掛かりの情報解析、糸巻の調査で”エトリ”が毎回若い男(久住)の指示で行動したことが判明するなど大活躍しています。

きっと、彼がいなかったらドラマの尺(放送時間)では足りないくらい犯人追跡の時間掛かってたと思います。

 

久住逮捕はできるのか?

10話にて伊吹に「メケメケフェレット」と呼ばれた久住は、それを素直にパソコンで検索しました。

ネット上では、この「メケメケフェレット」を世界で唯一検索したのは久住だけで、その検索履歴から久住の使用しているパソコンを特定できるのではないかと考察されています。

しかし、頭脳明晰で賢い久住のことから簡単に逮捕という訳にはいかず、蝶のようにひらりと躱す久住蜘蛛のように獲物を手繰り寄せる糸巻の頭脳戦が繰り広げられるかもしれないと予想されています。

しかし、一部では有能でネットに強い糸巻が黒幕ではないかと陰謀説みたいな話題が出ており、これで本当に敵だったとしたらビックリして腰抜かしますね。

 

スポンサーリンク

新たに4機捜メンバーに加わるのか?今後の糸巻はどうなる?

現在、視聴者の中で評価がうなぎ上りの福岡男の九重(演:岡田健史)が4機捜から外されてしまいました。

九重本人は納得がいってない様子であったものの陣馬にも説得されたこともあり、4機捜を離れて違う場所から彼らをサポートするような流れに見えました。

もしそうなると寂しくはありますが、九重がいなくなってしまうなら新たなメンバーが必要になってきます。

そこに、これまで4機捜を裏から支えた裏の支援者である糸巻がてしまうなら新たなメンバーに加わるのではないかと密かに考察されています。

 

スポンサーリンク

ネットの声

 

まとめ

今回は、MIU404糸巻(スパイダー班)が久住(菅田将暉)蝶を捕える?メケメケフェレットの足跡はあるのかを紹介させていただきました。

ドラマ最終回なら今までの登場人物が活躍するシーンがあるかもしれないのと、愛嬌のある凄腕スパイダー糸巻の活躍は絶対見たいですね。

「メケメケフェレット」がキーワードになるなら、ここからは久住と糸巻の頭脳戦は避けられないものと思われます。

しかし、絶対目が離せないギラギラした展開になるのも間違いないでしょう。

久住を逮捕してグッドエンドを迎えるのか、あるいは逮捕できずに映画化か続編に繋がるのか、どちらも見応えがありそうですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク