MIU404九重久住の兄弟説がヤバい?九重父親が本当の黒幕で浜田の正体とは

スポンサーリンク

星野源演じる志摩一未と綾野剛扮する伊吹藍のバディを中心に、第4機動捜査隊の隊員たちが事件に挑む金曜ドラマ『MIU404』(TBS系夜10時放送)。

物語はクライマックスに近づきつつあり、9話でハムちゃん(黒川智花)を執拗に付け根狙っていたエトリがついに逮捕され、さらわれたハムちゃんの命を寸前のところで守ることができた時の志摩と伊吹が『間に合った…!!』と抱き合うシーンには本当に感動しました…(この志摩が伊吹を抱き寄せ2人で抱き合うシーンはアドリブだったということを知り、更に驚きました!MIU404にはじつはこのように随所にアドリブシーンがあります。)

しかし…エトリを乗せた警察車両ごと久住(菅田将暉)が操るドローンに爆破されてエトリは爆死。

途方にくれる伊吹達の陰で、その様子を動画撮影するREC(渡邊圭祐 )の姿に『なんでそこにいるの!?』『だれか内通者がいる?』という声も多く上がっています。

そして、久住が黒幕ということは明らかにされましたが、【浜田】という人物の正体や、回収されていない伏線がまだまだあり、謎が謎のまま9話は終わりました。

10話では爆殺されたエトリの正体が明らかになるところから話は始まります。

更には【浜田】という人物が九重の父親で黒幕はないかという声や、久住と九重の読み方が同じなため兄弟説まででてきました。

今回はMIU404九重久住の兄弟説がヤバい?九重父親が本当の黒幕で浜田の正体とはをお届けしていきたいと思います。

\ 初回から最終回まで全て無料視聴できる /

今すぐMIU404をイッキ見する<<

MIU404を見るまで3分

 

スポンサーリンク

MIU404九重久住の兄弟説がヤバい?九重父親が本当の黒幕で浜田の正体とは

 

10話あらすじ

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)が追っていたエトリが、ドローンに仕掛けられた爆弾で死んだ。

司法解剖の結果、エトリの正体は5年前に起きた殺人事件の容疑者であることが判明。

誰が何の目的で彼を殺したのか? 1機捜の糸巻(金井勇太)の調べで、エトリはいつも、システム開発に詳しい若い男の指示を受け行動していたことがわかる。

志摩はその若い男こそ、久住(菅田将暉)という男ではないかと考える。

久住と面識があるのは留置場にいる高校生の成川(鈴鹿央士)だ。

桔梗(麻生久美子)は、成川から久住について聞き出すよう九重(岡田健史)と陣馬(橋本じゅん)に指示。そして、伊吹と志摩にはその裏付け捜査をするよう指示し、4機捜が一丸となって爆弾犯の行方を追うが…

一方、ナウチューバー・REC(渡邊圭祐)は、逮捕された成川に代わり「浜田」と名乗る情報源から、ドローン爆発事件に関する極秘ファイルを受け取る

引用:TBS公式

 

 

『浜田』という名前の人物は誰?

『浜田』という名前はこれまでたまにでてきてはいましたが、その人物像は明らかにされていません。

当初はダウンタウンのことをリスペクトしている菅田将暉の愛が松本、浜田の名前を出しただけと思われていましたが、どうもそんな単純な展開ではない雲行きになってきました。

10話のあらすじには「ナウチューバー・REC(渡邊圭祐)は、逮捕された成川に代わり「浜田」と名乗る情報源から、ドローン爆発事件に関する極秘ファイルを受け取る。」というくだりがあります。

そして、10話予告動画ではRECが誰かに向かって『俺をだました報いだ』と怒りをあらわにしています。

RECが爆破現場にいたのは、久住とつながっていたからだという声もありますが、あれだけしつこく執念深いRECのことです。

9話でメロンパン号の伊吹達が1話のあおり運転事件で遭遇したガラの悪い刑事だということに気付き、常に伊吹達の動向を追っていた結果…爆発現場に遭遇したということも大いにあり得ますよね。

では【浜田】という人物の正体は誰なのか?

 

九重の父親があやしい?

公式Twitterでの九重についての一言がとても引っかかりました。

10話は、進むべき道との葛藤。

そして、彼だからこその分岐点に遭遇します。

ん?

これって…?

彼だからこその分岐点て…

父親が絡んでるんじゃないか?と思いましたね。

RECが【浜田】という人物から爆破事件の極秘ファイルを入手したとありますが…これってどう考えても警察内部関係者でしかも『極秘ファイル』を手にすることができるくらい、地位の高い人物が関与していると考えられますよね。

ドラマの中では7話に登場し、『どうして僕を4機捜に入れたんですか?周囲では桔梗隊長を見張るためのスパイだっていう人もいます。』との息子九重世人(岡田健史)の問いかけに、『俺が入りたかったんだよ。お前がうらやましいよ(笑)。』と笑い飛ばすシーンがありました。

九重の父親が暗躍しているという前提でもう一度ドラマを見返すと、かなりあやしくみえてなりませんね。

警察庁刑事局長の篤人を父親に持ち、自身も警察庁採用のキャリア組です。

九重の当初の性格を思い出してください…。

4機捜にきたばかりの頃は自分以外の人間をどこか人を見下していて、バディとなった陣馬(橋本じゅん)にも全く心を開きませんでした。

7話に登場した明るくおおらかな性格の父親を見て育ったにしては、かなり冷酷というかドライな感じですよね。

4機捜にきてからはだんだんと仲間たちとの信頼関係を築き、笑顔の九重が見られるようになりました。

そんなところも、九重の父親が見たままの性格ではなく何かしらの裏側があるような気がしてなりません。

 

九重と久住

さらには九重と久住=くじゅうとくじゅうと読み、久住と九重は兄弟説まででてきました。

九重は興奮すると博多弁がでてきたことは記憶に新しいと思いますが、九重は九州男児です。

そして九州大分県には…

この地域の名称としては、「九重」(くじゅう、ここのえ)と「久住」(くじゅう)の2通りの表記及び読みが用いられてきた

その起源は、延暦年間(800年頃)にこの地に九重山白水寺と久住山猪鹿寺の2つの寺院が開かれたことにさかのぼる。近代に入ると、山群の北麓に九重町(ここのえまち)、南麓に久住町(くじゅうまち、現・竹田市久住町)が誕生したことから、それぞれの表記が特定の地域に結びつくことになり、地域全体を指す時にどちらの表記を用いるかという問題が大きくなった。

現在では、火山群や周辺地域全体を指す場合に「九重山」や「九重連山」を用い、その主峰である単独の山を指す場合に「久住山」を用いるのが一般的である。

引用:ウイキペディア

なんか伏線になっている気がしますが…。

久住の中には何か途方もない闇があるような気がするんですよね。

2人が兄弟で、その事実を知った九重が機捜を去る…もしくは警察官を辞めることを決意してしまう結末も十分に考えられるかもしれません。

 

スポンサーリンク

10話ネタバレとネットの反応は?

随時更新していきます

 

 

ネットの反応は?

 

更新していきます

 

 

\ 初回から最終回まで全て無料視聴できる /

今すぐMIU404をイッキ見する<<

MIU404を見るまで3分

 

 

スポンサーリンク