イソジンジェネリックでもコロナウイルスに効果はある?ポピドンヨード配合のうがい薬を紹介

スポンサーリンク

全国の薬局から『イソジンうがい薬』が軒並み売り切れ続出しています。

メルカリなどでは転売価格がすでに1本3,000円を超えるものまで出品され、ツイッターでも怒りと呆れた声が多く上がっています。

このような状態になった原因は、大阪府の吉村洋文知事が2020年8月4日昼の記者会見で、「ポビドンヨード」を含むうがい薬に新型コロナウイルスに対する効果が確認されたと発表したことが発端と思われます。

ポビドンヨードを含むうがい薬としては、ムンディファーマの「イソジン」などが知られていて、薬局からは売り切れ続出している事態となっています。

午後2時過ぎの会見から1時間もたたないうちに、『イソジンが売り切れた』という薬局の店員のコメントもありました。

専門家の間では『イソジンは治療薬ではない』という意見もあり、コロナウイルスに効果はないのか疑問が残るところですが、『イソジン』にはジェネリックがあり、ポピドンヨードが配合されているものがあります。

今回はイソジンジェネリックでもコロナウイルスに効果はある?ポピドンヨード配合のうがい薬を紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

イソジンジェネリックでもコロナウイルスに効果はある?ポピドンヨード配合のうがい薬を紹介

イソジンジェネリック

健栄製薬のケンエー【うがい薬】がイソジンと同じ、ポピドンヨードを配合しています。

各種の細菌、真菌、ウイルスなどの微生物に迅速な殺菌・消毒効果があるポビドンヨードを配合したうがい薬で、口腔内及びのどの殺菌・消毒・洗浄、口臭の除去にすぐれた効果を発揮します。

こちらのサイトで購入できるようです。

 

イソジン売り切れなぜ?

吉村知事によれば、市と府の協力で「大阪はびきの医療センター」(羽曳野市)が府の宿泊療養施設の療養者41人を対象に、ポビドンヨードを含むうがい薬によるうがいを1日4回実施したところ、「ポビドンヨード含嗽(がんそう)で宿泊療養者の唾液ウイルスが低下する」結果が得られたということです。

この結果を受け、吉村知事は会見場のテーブルに置かれた各社のポピドンヨードうがい薬を紹介。

「発熱など風邪に似た症状のある方及びその同居家族」「接待を伴う飲食店の従業員」「医療従事者や介護従事者」を対象に、「8月20日まで、集中的にぜひ『うがい』を励行してもらいたい」と呼びかけました。

一方で「不必要な買い占めとかはぜひやめていただきたい。普通に薬局に行ったらどこでも売っているものですから、誰かが買い占めるとすぐなくなっちゃうので」とも語っていました。

なお、製薬会社の在庫状況については「ある程度在庫はある」との情報を得ているとし、薬局などで品切れになった場合は、供給を働きかけるとしましたが…。

どう考えても、メディアの影響がないわけはないので、こうなることは予想がついたと思うのですが…。

以前はマスクの買い占めに始まり、アルコール除菌、トイレットペーパー、生理用品など、ワイドショーで放送されたとたんに、買い占めが起きたことは記憶に新しいですよね。

 

転売の価格がすでにヤバい

メルカリなどのフリマサイトでは、すでに1本3,000円でイソジンが売れれており、しかも売り切れ続出となっています。

しかし、転売ヤーなどはグループで戦略的にあえて売り切れ表示がでるようにし、今買わないとなくなると思わせて買わせる手法もあるので、注意が必要です。

皆が買い占めをせずに必要な数だけ購入すればなくなることはありません。

冷静な判断をしていただきたいと思います。

 

コロナウイルスに効果はない?

6月から先月にかけて宿泊施設で療養していた軽症や無症状の患者、40人余りを対象に、殺菌効果のあるポビドンヨードが含まれたうがい薬で、1日に4回、うがいをしてもらったところ、そのほかの患者よりも唾液の中のウイルスが減ったということです。

具体的には、うがいをした患者は4日目に唾液のPCR検査の陽性率が9%ほどになったのに対し、うがいをしなかった患者は陽性率が40%だったということです。

このため大阪府は、軽症や無症状の患者を対象に1000人規模の研究を進め、うがいの効果を検証したいとしています。

うがいをしたあと、1時間程度でウイルスの量が再び増えるケースもあり、うがい薬を使って、何回もうがいをすると喉を痛める可能性もあるので、注意が必要という専門家の意見もあります。

治療薬というのは言い過ぎだという声もあったようです。

 

スポンサーリンク

ツイッターの声は?

追記していきます

 

スポンサーリンク