レンタル犬ツイッター大炎上!?コロナ外出自粛で需要増加に怒りの声

スポンサーリンク

新型コロナウイルスによる感染拡大で外出自粛が続いていますが、『レンタル犬』の需要が増加しているとのことです。

レンタル犬とは「家の事情で犬が飼えない」「仔犬を飼う前に試してみたい」「一緒にお散歩に行きたい」「ただ癒してほしい!」という人に犬をレンタルするシステムです。

このレンタル犬がツイッターで大炎上しています。

『犬のストレスを考えていない』『レンタルした人が虐待に使わないという保証はない』『人間だけが得をするシステム』などの声が多くあがっています。

今回はレンタル犬ツイッター大炎上!?コロナ外出自粛で需要増加に怒りの声をお届けしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

レンタル犬ツイッター大炎上!?コロナ外出自粛で需要増加

 

レンタル犬

 

料金表例

  • 散歩レンタル3,000円
  • 1日レンタル6,000円
  • 1泊レンタル10,000円
  • 1週間レンタル20,000円
  • 2週間レンタル30,000円
  • 仔犬1ヶ月レンタル50,000円

 

犬を飼育したことがある人なら不安に感じるのも無理はないと思います。

犬も個体によって臆病な子もいれば、気難しい子もいますよね。

子供を育てるのと同じようにその子自身の性格をみてあげ、飼い主自身もその子を育てながら試行錯誤を繰り返して一緒に成長していく…。

『普段犬を飼えないからレンタルで』

『暇つぶしに』

『1週間くらいなら可愛がれる』

そんな理由で一番大切な時期の仔犬を1ヶ月だけレンタルして、飼い主への愛情を知ったところで返す(親としての飼い主からはなされる)

たしかに需要はあると思いますが、犬の福祉を全く無視したビジネスという声が上がるのも納得してしまいますね…。

犬を飼うというのは覚悟がいります。

覚悟がない人間、犬の扱いに慣れていない人にリードを持たせるというのに私は不安しか感じません(´・ω・)

調教してあるから大丈夫ということではなく、犬の気持ちが置いてきぼりになっているような気がしてしまうんですよね。

 

ツイッターの声は?

スポンサーリンク