宮本浩次がかっこいい!Mステ、うたコンツイッターの声

スポンサーリンク

2月18日(火)NHK夜7時57から放送のうたコンにエレカシの宮本浩次が生出演で登場しました。

昨年11月に出演したときは、エレカシからソロデビュー曲となる『冬の花』を熱唱!放送事故寸前?のパフォーマンスでの姿に、ツイッターでは「ヤバイ!宮本さんやっぱカッコイイ」「上着脱いじゃったね…宮本さん」「冬の花聞けるなんて最高!!泣ける…」などの声が多くあがっていました。

そして12月27日(金)放送の『ミュージックステーションウルトラスーパーライブ2019』でも『冬の花』を披露し、大きな話題となりました。

今回は宮本浩次がかっこいい!Mステ、うたコンツイッターの声をお届けしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

宮本浩次がかっこいい!Mステ、うたコンツイッターの声

 

冬の花

ドラマ『後妻業』(カンテレ)の主題歌として、宮本浩次のソロデビュー曲『冬の花』が起用されました。

宮本浩次は、エレファントカシマシデビュー30周年を経て、昨年2018年後半は椎名林檎や東京スカパラダイスオーケストラとのコラボ作品に参加。

『ミュージックステーション』や『紅白歌合戦』などの音楽番組や、ソフトバンクのCMにも出演してきました。

「冬の花」は、そんなエレカシ宮本が「宮本浩次」名義で発表するソロデビュー曲。

宮本浩次名義の作品制作に入ったと同時期に主題歌制作依頼を受け、ドラマ制作側とキャッチボールを行いながら完成させた楽曲です。

2002年のエレファントカシマシのアルバム『ライフ』以来のタッグとなる小林武史をプロデューサーに迎え、作詞・作曲を宮本が担当しています。

 

スポンサーリンク

ソロデビュー曲にツイッターの声

 

Mステ出演情報は追記していきます(/・ω・)/

スポンサーリンク