沢尻エリカ薬キメ画像流出がヤバイ!?LSD所持で起訴にツイッターの声

スポンサーリンク

沢尻エリカ容疑者(33)は先月16日、東京・目黒区の自宅で合成麻薬のMDMAの粉末およそ0.09グラムを所持していたとして、警視庁に逮捕され、明日で拘留期限が切れようとしています。

そして先月26日には、元交際相手でファッションデザイナーの横川直樹容疑者(38)が、沢尻容疑者とMDMAを共同所持したとして逮捕されています。

その後の関係者への取材で、東京地検は沢尻容疑者の勾留期限となる6日、麻薬取締法違反の共同所持の罪で起訴する方針を固めたことがわかりました。

そして、沢尻容疑者が薬でキメてる画像が流出したことが大きな話題になっています。

ツイッターでは「どうやったらこんな顔になるんだよ」「沢尻エリカヤバイ、もう芸能界復帰は無理だね」などの声が多くあがっています。

自白リストなるものの話まででてきていますので、そちらから更なる逮捕者もでるのではと言われています。

今回は沢尻エリカ薬キメ画像流出がヤバイ!LSDで起訴にツイッターの声をお届けしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

沢尻エリカ薬キメ画像流出がヤバイ!LSD所持で起訴

 

沢尻容疑者6日に起訴?

発見された合成麻薬MDMAが少量だったことや、尿鑑定の結果が陰性だったことで不起訴の可能性を指摘する報道もみられましたが、逮捕した警視庁組織犯罪対策5課が同容疑者の関係先からMDMA以外の“パーティードラッグ”も押収していたことが判明しました。

「これまでに大麻やLSD、コカインも使った」と供述していて入手ルートを調べているとのことです。

東京地検は勾留期限の6日に刑事処分を決める予定。

捜査関係者によると、自宅で見つかったのは、LSDを染み込ませた紙片。沢尻容疑者は所持を認めているという。組対5課は、入手ルートを調べている。

同容疑者と薬物の親和性が強いことが改めて証明された形になりましたね(´・ω・)

起訴か不起訴かは、公判維持のメドが立つか否かにかかっています。

当初、沢尻容疑者はMDMAについて「私のもの」と供述し「10年以上前から大麻やコカイン、LSDなどの違法薬物を常習していた」と説明していましたが、いざ裁判が始まって否認に転じれば、公判維持が危うくなります。

一部メディアにはそうした状況から「不起訴」「無罪」の可能性を報じるところも多いですね。

ですが、現在の沢尻容疑者は【完オチ状態】で、自白で5~6人の名前をすでに出しているとの情報もあります。

沢尻容疑者の自白リストについての記事はこちら

 

起訴はいつ?

元厚生労働省麻薬取締官(通称マトリ)の高濱良次氏は、沢尻容疑者が「横川容疑者から預かっていた」と供述していることが前提とした上で、「横川容疑者の供述にもよるが、所有権が横川容疑者のものになる」と指摘。

所持の場合、基本的に違法薬物と認識して所持していることで立件できるが「沢尻容疑者は初犯ということに加え尿鑑定でも薬物反応が出ておらず、起訴猶予になる可能性もある」としました。

そして今回入ってきた情報は、単独所持で6日に起訴するというものでした。

状況によっては横川容疑者との共同所持に切り替える可能性もあるということです。

 

スポンサーリンク

沢尻容疑者薬でキメ顔画像流出がヤバイ?ツイッターの声

スポンサーリンク