ダイヤモンドプリンセス 感染者が61人!?搬送先の病院はどこ?

スポンサーリンク

新型コロナウイルスに感染した香港人の男性が乗船していた豪華客船『ダイヤモンドプリンセス』。

2月6日現時点で20人の感染者が確認され、物資補給、感染者の病院搬送のために横浜港に着岸しました。

乗員乗客約3700人が下船できずに、潜伏期間考慮して最低でもあと2週間は客室待機となると思われます。

ダイヤモンドプリンセスは日本で製造されたイギリス船籍の豪華客船です。

下船できずに客室で待機している人達の旅費や諸費用が気になるところですが…。

感染者の人達はすでに神奈川県内の病院に搬送されたといううことです。

そして2月7日9時40分の時点で、検査結果が全てでたということですが…その数は41人です(合計61人)。

神奈川県内の指定医療機関に搬送されることになると思いますが、指定医療機関自体が少ないので果たして大丈夫なのでしょうか…。

今回はダイヤモンドプリンセス感染者が61人?搬送先の病院はどこ?をお届けしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

ダイヤモンドプリンセス 感染者が61人?搬送先の病院はどこ?

厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスの集団感染が確認されたクルーズ船で、新たに41人の感染が確認されました。

クルーズ船の乗客・乗員のうち、発熱などの症状がみられる人やその濃厚接触者などにウイルス検査が行われていて、これまでに20人の感染が確認されていました。

これで、クルーズ船で感染が確認された人は、すでに下船している香港の男性を除いて61人となりました。

厚生労働省は残る3700人近い乗客と乗員については、今後も引き続き船内にとどまり、原則として14日間、客室などで待機することを求めています。

 

搬送先

昨日までの感染者は神奈川県内の感染症指定医療機関5病院に搬送されました。

5日には乗客乗務員10人を4病院に搬送していて、連日受け入れる病院を含めて、県内の指定医療機関8病院が感染者を受け入れたことになります。

そして新たに2月7日現時点で41人の感染者が確認されましたが、新たに感染が確認された41人について、神奈川県のほか東京、埼玉、千葉、静岡県の医療機関に搬送することにしています。

 

ツイッターの声

ダイヤモンドプリンセス費用

部屋のランクにより6日間ショートクルーズだと、1人68,000円~178,000円プラス諸費用やオプションという大体の概算です。

コースや日程でも変わってきますが、大体このような感じのようです。

 

クルーズ代金に含まれるもの

  • 交通費(自宅から港間を除く)
  • 船内宿泊費
  • 食事代(無料レストラン利用費)
  • ジム、プール、映画鑑賞、ショー、イベント、図書館、部屋のVOD

 

諸費用

  • 港湾税(外国籍の船が日本に入港する際にかかる)
  • 政府関連諸税(出入国、検疫、税関の手続きにかかる費用)
  • チップ(部屋のランクに応じて自動的に計上されています。大体1人1日13.5~15.5米ドル)

これらは乗船する乗客に振り分けて請求されるので、その時の人数でも変わってきます。

 

追加料金

  • 有料レストラン(寿司、ステーキハウス、イタリアン)
  • アルコール
  • 有料ソフトドリンク
  • 記念撮影
  • スパ
  • 大浴場
  • カジノ
  • ランドリーサービス
  • 子供の預かりサービス(無料のクルーズが多い中ダイヤモンドプリンセスは1時間5米ドルで有料)
  • 寄港地でのオプショナルツアー

 

スポンサーリンク

新型コロナウイルス おさらい

新型コロナウイルス潜伏期間

中国の国家衛生健康委員会の専門家グループのメンバーは、ウイルスの潜伏期間について『現在の病例からすると平均7日前後。短くて2~3日、長くて12日』ということです。

インフルエンザの潜伏期間が1~3日ということを考えると、随分と幅があるような印象を受けますね…。

現在では潜伏期間中の方が感染させる力が強いということがいわれています。

 

感染はどうやって起こるの?

  • 咳やくしゃみなどによる飛沫感染
  • 感染者に触れたり感染者と握手したりすることによる接触感染
  • そしてウイルスのついた物を触って洗手せずに口や鼻、目を触ることによって起きる感染で広がるとのことです。

そのため、CDCは、カウンターやテーブル・トップ、ドアノブ、バスルームの什器、トイレ、電話、キーボード、タブレッド、ベッドのサイドテーブルなど人が頻繁に触る物を清潔に保ち、入念な手洗いをし、咳やくしゃみをする時は口を覆うことなどを勧めています。

また、感染者はマスクを着用して周囲の人々に感染させないようにすることはもちろん、感染者がマスクを着用しない場合は周囲の人々が着用することも勧めています。

加えて、新型コロナウイルスの感染者と接触したことが懸念される場合、14日間は自分の健康状態をモニターすることが重要だということです。

その時に注意したい症状は、発熱、咳、息切れ、呼吸困難、体の痛み、のどの痛み、吐き気、下痢などです。

 

感染力は強いの?

WHOは23日の会合で「緊急事態宣言」の発令を見送りましたが、アメリカの専門家の間からは新型コロナウイルスの感染力の高さを懸念する声も上がっています。

ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院・健康安全センターディレクターのトム・イングレスビー氏は15人もの医療従事者が感染したことについて、米ニュースサイトVOX.comで、懸念の色を見せています。

「爆発的流行(アウトブレイク)において、医療従事者が感染するのはまれです。医療従事者が感染したとしたら、それは常に警告信号となります。医療従事者が感染しないよう防護している状況の中で感染したということは、ウイルスは容易に感染する可能性があることを意味しているからです」

…この言葉は非常に重いと思います。

『医療従事者が容易に感染してしまっていることが警告信号』

イングレスビー氏は、このウイルスが10人に1人が亡くなったSARSのような結果をもたらすものになる可能性を危惧していて、「SARSの場合、医療施設で拡大し、患者のケアに当たった医療従事者も感染した。新型コロナウイルスは感染拡大の恐れがある非常に重大な爆発的流行になるかもしれません」

国際保健の研究機関エコヘルス・アライアンス社長のピーター・ダスザク氏も懸念し、「アメリカで感染者が現れたことを考えると、このウイルスはSARSのような伝染病になる変わり目にあるのではないか。感染に気づいていない人々が入国して発症したり、人々に感染させたりして、さらなる爆発的流行を引き起こす危険性がある。その場合、爆発的に流行する範囲はとてつもなく拡大します」と述べています。

しかも、香港とロンドンの研究者たちは、武漢だけで、1300から4000以上、発見されていない感染例があると示唆しています。

また、米紙ワシントン・ポストは“新型コロナウイルスの症状を示して亡くなったある65歳の女性は、中国で発表されている感染による死者数には入れられていない。この女性の家族は、病院から医療費を請求されていないが、それは、中国政府がこのウイルスに感染した人々の医療費を負担すると約束しているからだと中国当局が感染者数や死者数を過少申告している可能性を示唆しているとのことです。

ちなみに、この女性も、アメリカで感染者第1号となった男性同様、海鮮市場には足を運んでいなかったということです。

報告されていない件数は一体どれくらいあるのでしょうか…。

スポンサーリンク