オリンピック2020記念硬貨引き換え場所の穴場はどこ?在庫なし続出がヤバい

スポンサーリンク

開幕まで半年をきった東京オリンピック2020。

37種類の記念硬貨が発行される予定で、本日1月28日に新たな5種類の100円硬貨の交換が始まりました!

交換期間がいつからいつまでなのかも気になりますね~。

銀行や郵便局などの金融機関での両替が可能ですが、昨年の天皇即位の記念硬貨交換の際には品切れ状態で、どこにいっても手に入らないという状況も発生しました。

今日引き換え開始となりましたが、すでに在庫切れという金融機関も相次いでいます。

絶対に手に入れたいという人は、早めの交換をおススメします。

穴場店舗は郵便局で枚数制限がないとの声もツイッターなどであがっていますがどうなのでしょうか?

今回はオリンピック2020記念硬貨引き換え場所の穴場はどこ?在庫なし続出をお届けしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

オリンピック2020記念硬貨引き換え場所の穴場はどこ?在庫なし続出

 

記念硬貨オリンピック2020

 

種類は何種類あるの?

本日交換開始となった100円記念硬貨は第三次分(第一次~第二次は終了)となっていて、1万円、千円硬貨はあらかじめ予約申し込みが必要なのですが、100円硬貨に関しては在庫があればいつでも金融機窓口で交換することができます。

第三次交換分の100円硬貨は5種類 

  • オリンピック競技の3種類

表:アーチェリー、カヌー、自転車競技

裏:大会エンブレム

  • パラリンピック競技の2種類

表:アーチェリー、陸上競技

裏:大会エンブレム

 

引換場所、期間は?

取引金融機関の窓口で、申し込みがなくても引き換え可能です。

記念硬貨交換場所の穴場は郵便局、農協というのは定説でして、他の金融機関では在庫がなくなっても、農協や郵便局には残っているということが多々あります。

期間は設けられていませんが、無くなり次第終了と思われますのでお早めに!

 

オリンピック記念硬貨の価値は高い?

1964年の東京オリンピックの記念硬貨は現在でも高い価値で取引されています。

(1000円硬貨と100円硬貨の2セットで2500円というように、貨幣価値より高い金額で取引)。

1枚1000円の硬貨が2万円で販売されていた時期もあるとのことです(20倍!)

すでに出回っているオリンピック2020の記念硬貨で『水泳』が描かれた1000円銀貨がありますが、販売価格は9,500円のものがプレミアがついて15,000円で販売されています。

記念硬貨というのは、発売直後が一番高値で取引されるということです( ゚Д゚)。

売るなら今がいちばんのチャンスだそうです。(新橋スタンプ協会寺田実社長談)

 

スポンサーリンク

在庫なし続出で穴場はどこ?ツイッターの声

 

 

スポンサーリンク