伊藤綾子『新国立競技場』で目撃はガセじゃなかった?結婚発表後初のお披露目にツイッター困惑の声

スポンサーリンク

嵐の二宮が元フリーアナウンサーの伊藤綾子との結婚発表をし、自身のラジオ番組や、年賀状イベントに櫻井翔と参加したときのコメントが様々な物議を呼んでいるなか、ツイッターでは『国立競技場こけらおとしの会場で伊藤綾子を見た』という声が多くあがり、「そんなわけはない、心臓が強すぎる」「ガセを流すな」などの声で炎上騒ぎとなりました。

しかし、今日配信された日刊ゲンダイデジタルの内容で、その噂に信憑性がでてきました。

今回は伊藤綾子『新国立競技場』で目撃はガセじゃなかった?結婚発表後初のお披露目にツイッター困惑の声をお届けしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

伊藤綾子『新国立競技場』で目撃はガセじゃなかった?

新国立競技場で目撃

12月21日、新国立競技場のこけら落としイベント「~HELLO, OUR STADIUM~」が6万人の観客を集め盛大に行なわれました。

イベントはサッカーの“キング・カズ”こと三浦知良、ラグビー日本代表のリーチ・マイケル選手の挨拶へと続き嵐も登場。

日刊ゲンダイデジタル

実は、こうした圧巻のパフォーマンスとは別に、嵐のファンが驚愕したのは、11月12日に結婚を発表したばかりの二宮夫人が会場に姿を見せたこと。夫人はスタッフらしき男性にエスコートされて1階メーンスタンド側の関係者招待席へ向かったという。

「こけら落としイベントが行われたのは夫人の39歳のバースデーの2日前でした。新妻に配慮したニノが事前に席を用意していたのでしょう。着席する前に夫人が通路で旧知の民放関係者に声を掛けられて、挨拶するシーンもあったといいます。結婚発表から1カ月半が経過し、夫人は幾分ふくよかになった印象です。この日は“二宮夫人”になってから、初の公の場でのお披露目となりました」(民放関係者)

12月8日に二宮は約8分間に渡って今回の結婚について語る“囲み会見”を行い、アイドルとして説明責任を果たしたともいえる。ただ、せめて結婚発表を嵐の活動休止まで待って欲しかったと願うファンもいる。今回の夫人との結婚をめぐり松潤らメンバーとの“確執”も伝えられた二宮。ビッグイベントで夫人をお披露目した彼の選択は果たして正しかったのだろうか。

 

どうやらガセではなかったようですね(´・ω・)

 

ツイッターの反応は?

 

追記していきます

スポンサーリンク