村田諒太負けたら引退!?初の防衛戦、バトラーとの勝利予想にツイッターの声は?

スポンサーリンク

12月23日、横浜アリーナで行なわれるWBA世界ミドル級タイトル戦で、同級正規王者の村田はスティーブン・バトラー(カナダ)と対戦します。

村田にとって初の防衛戦となり、また、対戦相手mpバトラーはKO率8割という驚異のハードパンチャーといわれています。

そのため、この戦いは大きな番狂わせがあるのではないかという声も少なくありません。

今回は村田諒太負けたら引退!?初の防衛戦、バトラーとの勝利予想にツイッターの声をお届けしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

村田諒太負けたら引退!?初の防衛戦バトラーとの勝利予想

 

勝利予想は村田諒太?

https://youtu.be/GioXyQHEOg0 

村田諒太勝利が7割

バトラー勝利が2割

引き分けが1割

ネットやSNSではこのような勝利予想がでていますね(´・ω・)

KO率80%スティーブン・バトラーはWBO指名挑戦者としてデメトリアス・アンドラーデと12月に話が進んでいましたが「より有利なオファー」が村田諒太陣営からあった為に試合が実現したということです。

また村田諒太は今後、再戦条項の権利を持つ前世界王者ロブ・ブラントと3戦目を行うことが決まっています。

今回の予備検診で村田は身長183.5センチ、リーチ190.0センチ、首回り39.0センチ、胸囲97.0センチ。

挑戦者の同級8位スティーブン・バトラー(カナダ)は身長181.8センチ、リーチ190.0センチ、首回り39.0センチ、胸囲91.0センチで、胸囲以外は、ほぼ同じ。

パンチ力の高い2人ですが、村田の持つ鉄壁のガードには一目置いているとのことです。

バトラーとの戦いは、予想どうりでいけば村田諒太の勝利ですが、バトラーのKO率8割はなかなかあなどれないのではないでしょうか?

 

スティーブン・バトラー

  • 戦績:28勝24KO1敗1分・KO率80%
    ※戦績の記載ミス修正14KO➔24KO
  • 身長:182cm
  • リーチ:203cm
  • スタイル:オーソドックス
  • アマチュア戦績:50勝5敗。18歳でカナダ最年少のナショナルチャンピオン
  • 世界ランキング:ミドル級WBC4位・WBA9位・IBF8位・WBO1位
  • 祖父マーシャル・バトラー(20勝15KO5敗)1970年代のミドル級の影響で12歳の時にボクシングを始めました。
  • 1敗は2017年1月にブランドン・クック(WBO世界S.W級王者ムンギアに3ラウンドTKO負け)以降10連勝9KO中!

KO率は高いですが、打たれ弱いという側面があります。

 

勝利予想ツイッターの声

 

追記していきます

 

スポンサーリンク