梅宮辰夫若い頃画像がかっこいい!?突然の訃報にツイッターの声

スポンサーリンク

俳優の梅宮辰夫(81歳)がけさ7時40分、神奈川県内の病院で慢性じん不全のため亡くなりました。

梅宮辰夫2016年に十二指腸乳頭がんを患い、これまでに6度のがんを経験したことを長女のアンナさんが明かしていましたが、は去年9月に前立腺がん、今年1月にも尿管がんの手術を受けていたことがわかりました。

梅宮辰夫は東映のニューフェイスとしてデビューし、若い頃の画像を見ると相当なイケメンだったことがわかります。

俳優やタレントとして活躍、また実業家や料理家としても知られていて、ツイッターでも突然の訃報に驚きの声が相次いでいます。

今回は梅宮辰夫若い頃画像がかっこいい!?突然の訃報にツイッターの声をお届けしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

梅宮辰夫若い頃画像がかっこいい!?突然の訃報

 

突然の訃報

12日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)では、俳優の梅宮辰夫が12日、午前7時40分に神奈川県内の病院で亡くなったことを報じました。

梅宮辰夫は病気の影響で激やせしているといわれていました。

2018年5月と12月に出演したテレビ番組で、その激やせした姿が見られており、その姿を見ると、病状はあまり良くないのではないかともいわれたりしていました。

梅宮辰夫は、40年ほど前に病気をしていて、睾丸にがんが見つかり、病状が悪かったのですが、抗がん剤などを使用する化学療法をしていたようです。

病気は回復して仕事も継続していましたが、しばらくして肺がんも患い放射線治療などにより回復して仕事も継続していたようです。

その後、2016年にも胃や十二指腸にがんがみつかり、その他にも胆嚢と膵臓、胃の一部を切除するために12時間の手術をし、手術後は体重が10kg以上も落ちたということでした。

この辺りの話しから激やせしているといわれるようになりましたね。

 

若い頃がイケメンすぎる

梅宮辰夫といえば、迫力ある演技で有名な俳優でトーク力も非常にあり、バラエティー番組などでタレントとしても大活躍されていました。

当時、梅宮辰夫さんが活躍していた東映では会社全体で全力的に売り出していた俳優さんが突然急死していしまい、主演級スターがいなくなってしまいました。

しかし、当時のプロデューサーが「梅宮辰夫がいい!仰げばどんどん上がっていく!そういう人の方が人気があがるんだ!」

と発した事がきっかけとなり、次世代のスターとして梅宮辰夫さんが売り出されるようになったといいます。

その期待にこたえるかのように、梅宮辰夫さんはその後アクション映画や任侠映画などで硬派な役柄を中心に活躍していきました。

活躍するにつれ、私生活もどんどん派手になっていっていたので、プロデューサーは女を泣かせる役柄(プレイボーイ)の役なども演じさせたそうです。

それが見事にはまり女性からのもて方は、今の芸能界の人気俳優の比にないくらいになり、必然的に梅宮辰夫さんが東映東京の看板スターへと成りあがっていきました。

 

若い頃画像

 

スポンサーリンク

突然の訃報にツイッターの声

 

追記していきます。

スポンサーリンク