半沢直樹スピンオフドラマ主演吉沢亮ってホント?続編決定にツイッターの反応は?

半沢直樹続編決定ホント??1月SPドラマ主演吉沢亮にツイッター困惑の声

スポンサーリンク

あの半沢直樹が帰って来る!!

TBS系では来年4月期に、堺雅人主演の連続ドラマ「半沢直樹(仮)」(日曜午後9:00、開始日未定)を放送することが決定しました!。

2013年7月期に放送された連ドラ「半沢直樹」の続編で、同作は最終回に視聴率42.2%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)という平成30年間に放送されたドラマの中で最高視聴率をマークした超人気作として知られています。

続編放送に先駆けて、来年2020年1月3日に『半沢』のスピンオフとして『半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ』(後11:15)が吉沢亮主演で放送されます。。

ツイッターでは「半沢直樹が帰ってくる!?」「え?主演が吉沢亮ってなんで?」などの困惑した声が相次いでいます。

今回は半沢直樹スピンオフドラマ主演吉沢亮ってホント?続編決定にツイッターの反応をお届けしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

半沢直樹スピンオフドラマ主演吉沢亮ってホント?

 

半沢直樹続編放送日いつ?

2020年4月放送スタート!

前作は、直木賞作家・池井戸潤氏の小説「半沢直樹」シリーズの「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」を原作に、メガバンク「東京中央銀行」に勤める半沢直樹(堺)が、銀行内外に現れるさまざまな「敵」に立ち向かう姿が描かれました。

サラリーマン社会の“正義”とは何かを訴えた胸のすくストーリーが人気を博し、劇中での決めゼリフ「やられたら倍返し」が話題を呼びましたね!

今作では同小説シリーズの「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」を原作に、半沢が銀行から出向先の「東京セントラル証券」に赴任するところからスタート!

出向先でも次々に発生するトラブルを乗り越え、理不尽な要求を突きつける相手に「倍返し」できるのかが見どころになります。

ドラマを制作する伊與田英徳プロデューサーは「大変うれしく思います。皆さんに感謝の倍返しができるように、全力で準備していきたいと思います」とコメントを寄せています。

 

1月3日の半沢直樹スピンオフドラマ詳細情報

「半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ」

前作の最終回のラストでは、頭取からまさかの子会社への出向を命じられてしまった半沢直樹(堺直人)

4月からの連ドラでは、半沢がその子会社『東京セントラル証券』に赴任した後に起きたある事件描かれますが、今回のスペシャルドラマでは、その物語の舞台である『東京セントラル証券』と大きく関わる『スパイラル』を中心に展開されていきます。

『半沢直樹』のスピンオフドラマということになりますね(´・ω・)

あらすじは…

『スパイラル』は、半沢が『東京セントラル証券』が創業以来使用してきた金融セキュリティシステムをリニューアルするため、コンペで声をかけられた企業の1つ。プロジェクトを勝ち取れば数百億の売り上げにつながり、『スパイラル』にとっては社運を賭けた一大プロジェクトが進行する中で、人知れずある陰謀が動いていた…。

 

吉沢亮コメント

「7年前の半沢直樹の、敵役を完全に地獄に叩き落とす様を見てドキドキワクワクするという展開。唯一無二の面白さを感じていました。今回のスペシャルドラマにもそのエッセンスが凝縮されていることと思います」と自信をみせる。「半沢直樹のスペシャルドラマなのに半沢が主人公じゃないのかよ(笑)と思っているそこのあなた。完全に倍返しですよ。ぜひご期待ください」

 

スポンサーリンク

半沢直樹SPドラマにツイッターの声は?

 

 

 

追記していきます

スポンサーリンク