国母和宏容疑者逮捕!大麻取締法違反の疑いにツイッターの声

スポンサーリンク

11月6日(水)衝撃的な速報が入ってきました!

スノーボード元五輪代表国母和宏容疑者逮捕!大麻取締法違反の疑いということです。

アメリカから国際郵便で日本に大麻を密輸したとの情報が入ってきました。

詳細が分かり次第追記していきます

 

スポンサーリンク

国母和宏容疑者逮捕!国際郵便で日本に大麻を密輸?

去年アメリカから国際郵便で大麻を国際郵便で日本に密輸した疑い

今日の午前に国母和宏本人が出頭したということです。

間もなく身柄を留置の予定

 

過去の腰パン大炎上

2010年、バンクーバー冬季五輪のスノーボード・ハーフパイプ代表だった国母和宏(こくぼ・かずひろ)。

本音をそのまま吐き出したこの一言は、雪上に“大炎上”を引き起こした「反省してま~す!」「チッ、うるせ~な!」

8位入賞という成績より、記憶に残るのは選手団の公式スーツを着崩した“腰パン”ファッション、服装を咎められた際の“チャラい対応”が、「それでも日本代表か」と猛バッシングを受けたましたが、覚えていらっしゃる人も多いのではないでしょうか?

五輪後、国母本人は「お咎めなし」となったものの、チーフコーチは責任を取ってJOC専任コーチを辞任。全日本スキー連盟は、再発防止策として強化指定選手の行動規範も作成しました。

国母は生まれ変わった…と全日本チームのハーフパイプ競技の技術アドバイザーに起用されたとスポーツ紙が報じたこともありました。

全日本スキー連盟の古川年正競技本部長が「あれ以来スポーツマンらしくするよう教育を受け、国母はすっかり変わった」と、成長を証言し、上島しのぶヘッドコーチも、「誰に聞いても『尊敬する人は(国母)カズくん』というぐらい」と、後輩たちの信頼が厚いことを明かしたこともありますが…。

反省してない!!!?( ゚Д゚)

 

ツイッターの声

 

追記していきます

 

スポンサーリンク