箱根駅伝2020予選会出場校一覧!順位予想ツイッターの声

スポンサーリンク

2019年10月26日、東京都立川市の昭和記念公園にて、第96回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会は、2020年新春に開催される「箱根駅伝」に出場する大学を決める大会です。

箱根駅伝2020では、2019年大会(第95回)でシード権を得た10大学と、予選会を勝ち抜いた10大学、そして関東学生連合チーム(学連選抜)の11チームが出走することになっています。

箱根駅伝2020予選会は、ハーフマラソンで行われる。各大学10~12名が出場(エントリーは14名まで)し、各大学の上位10名の合計タイムにより、順位が決定します。

ツイッターでは早くも、「出場校が知りたい!」「注目選手誰?」「1位はどこだろ……」と順位予想をする声も多くあがっています。

今回は箱根駅伝2020予選会出場校一覧!順位予想とツイッターの声をお届けしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

箱根駅伝2020予選会出場校一覧!順位予想

 

箱根駅伝2020予選会出場校一覧

箱根駅伝2020予選会出場校一覧!順位予想と注目選手ツイッターの声

 

  1. 中央大学
  2. 早稲田大学
  3. 日本体育大学
  4. 日本大学
  5. 東京国際大学
  6. 神奈川大学
  7. 明治大学
  8. 国士舘大学
  9. 大東文化大学
  10. 城西大学
  11. 山梨学院大学
  12. 上武大学
  13. 麗澤大学
  14. 亜細亜大学
  15. 専修大学
  16. 創価大学
  17. 東京農業大学
  18. 筑波大学
  19. 駿河台大学
  20. 日本薬科大学
  21. 明治学院大学
  22. 桜美林大学
  23. 流通経済大学
  24. 関東学院大学
  25. 武蔵野学院大学
  26. 平成国際大学
  27. 慶應義塾大学
  28. 東京経済大学
  29. 立教大学
  30. 東京大学
  31. 東京理科大学
  32. 帝京平成大学
  33. 学習院大学
  34. 一橋大学
  35. 高崎経済大学
  36. 東京工業大学
  37. 防衛大学校
  38. 芝浦工業大学
  39. 育英大学
  40. 東京工業大学大学院
  41. 東京学芸大学
  42. 上智大学
  43. 東京大学大学院

 

予選会順位トップ通過予想

『トップ通過がどの大学か』…に注目が集まります。

今年の箱根駅伝予選会トップ通過予想は、中央大学、 早稲田大学 東京国際大学、明治大学、 の4校が有力だと思います。 

そして現時点で箱根駅伝予選会トップ通過の1番手は、中央大学のトップ通過の可能性が高いです

舟津の福大大濠の後輩、森が海外派遣に選ばれるほど力つけています。

他の選手も力をつけ箱根駅伝予選会のメンバー選考が激戦なほど選手層に厚みが加わりました。

10月6日の中大記録会の結果で一気にトップ通過の可能性が出てきました。

(29分30秒切りが6名、30分切りが11名で、主力3名は省いての記録です。)

 

各校エントリー選手の10000m自己ベストランキング

中 大   29.16.15
②早 大   29.20.12
③城西大   29.20.76
④創価大   29.22.06
⑤明 大   29.22.94
⑥東京国際大 29.24.48
⑦日 大   29.26.09
⑧日体大   29.31.53
⑨神奈川大  29.32.94
⑩大東大   29.34.83
=====通過ライン=====
⑪山梨学大  29.37.05
⑫国士大   29.38.02
⑬専 大   29.47.69
⑭上武大   29.49.79
⑮麗澤大   29.53.62
⑯亜細亜大  29.57.15
⑰東農大   29.57.38

※前回の箱根駅伝出場校+昨年の予選会上位16位までを集計
※留学生が複数いる大学は記録の良い選手を反映
※小数点第3位以下は切り捨て

ランキングトップは中大。

10月6日の中大記録会で主力の多くが自己記録を更新し、大きく平均タイムを伸ばし、28分35秒07を持つ駅伝主将の舟津彰馬(4年)を中心に、出場全チームで最多9人が29分30秒を切っています。( ゚Д゚)

2位の早大から城西大創価大明大までは3秒差以内でほぼ僅差。

6位の東京国際大は28分04秒55のイェゴン・ヴィンセント(1年)、7位の日大は27分57秒36のチャールズ・ドゥング(1年)と、留学生の存在が大きく平均タイムの底上げに貢献しています。

ちなみにドゥングは昨年度まで実業団の小森コーポレーションに在籍していた23歳で、今年の3月にハーフマラソンで1時間2分12秒の自己新をマーク。

 

スポンサーリンク

箱根駅伝2020予選会詳細

 

開催日

2019年10月26日(土)9時35分スタート

開催場所

予選会は東京の陸上自衛隊・立川駐屯地でスタート。立川の市街地を通過し、国営昭和記念公園でフィニッシュを迎える。詳しいコースはこちら(PDF)。

放送予定

予選会の模様は地上波でTV放送(生中継)される。また、CS放送の「日テレジータス(G+)」では11月3日と9日(再放送)に、特別編を放送します。

日本テレビ「★SAPPOROスポーツスペシャル 第96回箱根駅伝予選会」(生中継)

10月26日(土)9:25~11:25

  • 解説:碓井哲雄・渡辺康幸
  • ゲスト:堀尾謙介
  • 実況:上重聡

日テレジータス「★SAPPOROスポーツスペシャル 第96回箱根駅伝予選会 日テレジータス特別編」

11月 3日(日)20:00~22:30

11月 9日(土)13:00~15:30

観戦方法

陸上自衛隊駐屯地内や昭和記念公園内、そして沿道で予選会を戦う選手たちを応援できます。

スタート地点の立川駐屯地へのアクセス

  • JR「立川駅」北口徒歩20分
  • モノレール「立川北駅」徒歩20分
  • 立川バス「立川警察署」徒歩2分

昭和記念公園へのアクセス

  • JR「西立川駅」徒歩23分

現地観戦にあたっては以下の諸注意を守ってください。(PDF)。

 

スポンサーリンク

箱根駅伝2020予選会ツイッターの声

追記していきます

スポンサーリンク