金曜ロードショー今日10月4日はバットマンVSスーパーマン!ネタバレあらすじとツイッターの声を紹介

金曜ロードショー今日10月4日はバットマンVSスーパーマン!ネタバレあらすじとツイッターの声を紹介

スポンサーリンク

金曜ロードショー今日10月4日(夜9時~日テレ)はアメリカDCコミックスの2大人気ヒーローが共演する映画「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」(ザック・スナイダー監督)がなんと地上波初放送されます!!

スーパーマン=クラーク・ケントと、バットマン=ブルース・ウェインが大激突するアクション超大作です…これは楽しみですね~!

日本語吹き替えの声優陣も豪華で、ブルース・ウェイン/バットマンの声を小原雅人、クラーク・ケント/スーパーマンを星野貴紀、レックス・ルーサーを神谷浩史が担当します。

地上波初ということもあり、ツイッターは歓喜の声が多くあがっています。

今回は金曜ロードショー今日10月4日はバットマンVSスーパーマン!ネタバレあらすじとツイッターの声を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

金曜ロードショー今日10月4日はバットマンVSスーパーマン!

 

バットマンVSスーパーマンあらすじ

日テレ公式:https://youtu.be/ZfGLxkNVOVg 

クリプトン星から地球に襲来したゾッド将軍を止めるため、メトロポリスで死闘を繰り広げたスーパーマン(ヘンリー・カビル)。

しかしその戦いの影響で、ブルース・ウェイン=バットマン(ベン・アフレック)のビルは崩壊し、友人や部下たちが犠牲となった。

ブルースは、神にも近いスーパーマンのパワーを警戒するように…。

デイリー・プラネットの記者として働くクラーク・ケント=スーパーマンの恋人で同僚のロイス・レイン(エイミー・アダムス)がアフリカでの取材中に銃撃戦に巻き込まれる。

スーパーマンが彼女を助けに駆け付けるが、この行動が世界に波紋を呼び、多くの人々がスーパーマンへに不信感を抱くようになる。

同じ頃、大企業レックスコープの若き社長レックス・ルーサー(ジェシー・アイゼンバーグ)が、2年前に墜落した宇宙船や異星人の死体を独自に研究し、クリプトン星の鉱石・クリプトナイトがスーパーマンの力を弱めることを突き止めていた。

一方、レックスの行動を怪しむブルースは、執事のアルフレッド(ジェレミー・アイアンズ)の協力を得て彼の研究データを入手…クリプトナイトを奪うことに成功し武器を作り始める。

そんな中、フィンチの尽力で実現したスーパーマンの公聴会で爆発事故が発生し、スーパーマンは徐々に窮地に立たされていく…!

 

バットマン、スーパーマンとは何者?

 

バットマン/ブルース・ウェイン

名門ウェイン家の御曹司であるブルース・ウェインは、昼間は資産家の遊び人として浮名を流す一方で、夜になるとバットマンとして正体を隠しつつ、ゴッサム・シティに巣食う犯罪と戦う正体不明の夜のヒーローとして、ゴッサム・シティを犯罪から守っている。
目の前で両親を強盗に殺された、幼少期の悲しい経験が彼を悪との戦いへと駆り立てる。さまざまな犠牲を払いつつ長年活動してきたが、新たに登場した、人間の力ではコントロールできない存在であるスーパーマンに危機感を抱く。
コウモリをかたどったコスチュームや武器で悪人の心に恐怖を刻み込むのが特徴。超人的なスーパーパワーは持っていないものの、人間としては最高レベルの肉体と頭脳、そして最先端の装備を備えている。正義を追求するあまり過激な手段に走る場合もあり、司法機関に代わって悪を裁く彼の活動を、反社会行為とみなすものもいる。

スーパーマン/クラーク・ケント

生まれて間もなく、崩壊寸前の惑星クリプトンから両親によって地球に送り出された異星人カル=エル。地球に飛来した後、カンザス州の片田舎スモールビルで、”人間”クラーク・ケントとして育てられた。やがて自らの宿命を自覚した彼は、世界中の情報が集まってくる場所に身を置くために、大都市メトロポリスに向かう。現在は新聞社デイリー・プラネットで記者として働きながら、なにか事件が起こるとスーパーマンになって人々を救っている。異星人である孤独を抱える彼だが、ロイス・レインとは心を通わせている。
飛行能力、目から発射するヒートビジョン、強靭な肉体、透視まで可能な並外れた五感と身体能力など、地球の環境下で途方もない力を発揮する。ふたつの惑星の架け橋となるべく奮闘するが、彼と同様クリプトンからやってきたゾッド将軍らとの地球を揺るがす死闘は、世界に衝撃を与えた。

この2人の能力差は歴然としています!

神に等しいスーパーマンに生身の人間バットマンはどう立ち向かうのか!?

 

スポンサーリンク

バットマンVSスーパーマンとツイッターの声

追記していきます

 

スポンサーリンク