昆虫の寿命はあくまでも平均値?長生きさせる秘訣は?トライしてみた!

スポンサーリンク

昆虫飼育も一昔前と違い、外国産のカブトムシやクワガタ…。

見たこともないような昆虫を普通にショップで入手できるようになりましたね。

ホームセンターなどでプラケースに入れられた姿を見て、…ふと考えます。

ここにいる昆虫達で、本来の寿命を全うできる子達ははたしてどれだけいるのだろうかと。

簡単に手に入るのはいいのですが、だからこそ簡単に扱われてしまう事実も多々あるので、心配になります。

 

スポンサーリンク

昆虫の寿命を考えるようになったきっかけ

カブトムシは夏ならではの象徴のような存在ですよね。

初夏頃から段々とショップにも置かれるようになり、秋になる頃にはいなくなる…。

家で飼育しているカブトムシも、秋~冬に入るころには次々と亡くなっていきます。

そんな中、我が家で飼育していたカブトムで、年を越し、春になる頃まで長生きした個体がいました。

かなりびっくりしましたが、同時に、この差は一体何なんだろうと疑問が出てきたことがきっかけです。

 

スポンサーリンク

昆虫を長生きさせるために必要なこと

  1. 飼育しようとしている昆虫の生息地を調べること
  2. 餌は質の良いものをあげる
  3. 基本的には単独飼育
  4. 交尾行動をとらせない
  • 昆虫の生息地を調べる

一括りに[昆虫]といっても、それぞれの生息する場所の環境は皆違います。

乾燥している所に住んでいるのか?

高温多湿な所に住んでいるのか?

木の上?土の中?

暖かい?寒い?

本来生息している環境にできるだけ近づけてあげることが、まずは一番大切なことだと思います。

次に…

  • 質のよい餌をあげる

我が家では高たんぱくゼリーを主にあげています。

価格は少々高くなりますが、ほぼ全ての個体に使えます。

栄養価が高いだけではなく食いつきもよく、安心して与えることができます。

  • 基本的には単独飼育

日本のカブトムシだけに限りませんが、複数のオス同士を同じケースで飼育しないようにしましょう。

必ずケンカが勃発し、弱い個体は餌が食べれない事と、ストレスですぐに亡くなってしまいます。

  • 交尾行動をとらせない

これは、オスメス両方にいえることなのですが、交尾、産卵をさせると、とても体力を消耗させてしまいます。

長生きをさせたい…ということに焦点を合わせるなら、交尾はさせない方が良いかと思います。

 

スポンサーリンク

昆虫の寿命を全うさせられるように飼育してみて思った事

長生きすることだけがいいことなのかはわかりません。

多少短命になってしまっても、次の代に命をつないでいくという事は生き物の本能だとも思います。

自然の環境下にいるものと、人間の手で飼育されているものとの違いもあります。

本能だからといって、無責任に沢山の産卵をさせて、飼いきれなくなって捨てられてしまうケースもあります。

外国産のカブトムシやクワガタが捨てられるという話も増えてきましたが、絶対にやめてください。

日本の気候があわずに亡くなってしまうだけではなく、放虫によって、生態系に影響を与えてしまう恐れもあります。

どんな経緯で手元にきたとしても、最後まで大切に飼育してあげてください。

長生きといえば、以前書いたオオツノメンガタカブト。

寿命は半年~8ヶ月といわれています。

国内で入手できるものは、ほとんどが野外採集のものなので、正確な生存期間がわかりません。

最悪、入手して手元にきたとたんに寿命がきた…なんてこともあります。

そんな中でのオオツノメンガタカブトですが…。

すでにショップから我が家にきて、もうすぐ一年と一ヶ月がたちます。

半年どころではありませんでした!これには自分でもびっくりしています。

現在も元気にしています。

以前飼育したスカラベ(フンコロガシ)。

平均寿命3か月と言われて入手しましたが、この子も半年をすぎても元気にしていました。

まだまだ謎が多い昆虫の飼育ですが、できる限りストレスを与えないように居心地よい環境を作って、長生きさせてあげたいなと思っています。

 

 

 

スポンサーリンク